HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトキングダムハーツ  »  キングダムハーツ Re:coded 感想とか
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先日DSで発売したキングダムハーツ Re:codedをクリア、シークレットムービーまで見たので感想とかまあ色々と。
 シナリオ等のネタバレを含むので未プレイの方やプレイ中の方はご注意を。

 ネタバレ上等な方や既にクリアした方は続きを読むでどうぞ。シクレの内容とか平気で語ります。

とりあえず……
 一通りやってみて思ったのは、完成度は確かに高いのだけど、どこか今までよりもマゾゲー色が強くなったのではないかということ。何層も潜らされるオリンポスコロシアムしかりシステムエリアのミッションしかり。ハートレスを何体倒すとか何秒以内にクリアとかはいいのだけど、ジャンプ何回以内とか空振り何回以内とかはわりと苦痛だった。ただまぁ強いコマンドが揃ってくればそこまで苦ではない。

 あとシステムエリアは特に、狭いマップや通路内での戦闘が多かった印象。キングダムハーツの面白さは広いフィールドを縦横無尽に駆け回りながらの爽快な戦闘にあると自分的には思っているので、この辺は惜しかったかなぁという感じ。序盤は狭い通路のマップでエリミネーター出てきたら詰んでますた。慣れれば安定して勝てるんだけども。

 そういえばラスボスはスタッフロール流れるまでラスボスだと気付かなかったですはい(笑)

 とまあ辛口なことを言ってるわりに結構いつも通り楽しんでます。


システム
 戦闘システムはバースバイスリープ(以下BBS)や358/2DAYS(以下DAYS)のいいところを持ってきてうまい具合にミックスした感じ。バースバイスリープの時はコマンド式アクション戦闘の最終形を見たとか思ったけど、これPSPやPS3でやったらシリーズ最高峰なんじゃないかと思います。ただそこはやはりDS。アナログスティックがないこととボタン数の足りなさによる不便さは否めない。

 成長システムのステータスマトリクスは戦闘同様、BBSのコマンドボードの進んでくのとDAYSのナビカス(違)のパーツをはめてくのを組み合わせた感じでした。これはまあわりと楽しかったかな? 付けたのを外せない代わりに付け替えができるというのはいいバランスだったように思う。チートをいじれば自分で色々いじることもできます。

 コマンドに関してBBSと大きく違うのはセットできるコマンドごとに容量が設定されていてそれが100%以内になるようにセットしないといけないようになったことぐらいだが、これが意外と厄介で、少し強力なコマンドをつけると空欄全部にコマンドをセットしきれないことが多い。最終的に8つまで増えるコマンドセット数が終盤活かしきれないのは少し惜しかったかと。BBSみたいに強力なコマンドは2スロット消費とかでよかった気がする。

 あと気づいたのはソラの通常攻撃時の移動距離が少ないなーとか思ったのだけど、よく考えたら2のスライドダッシュとかに慣れすぎているだけだったという……スライドダッシュとかはあくまで通常攻撃の補助という位置づけであって、単発技としては微妙すぎる気がする。因みにアルテマウェポンを入手すると一気にリーチが長くなった気がしないでもない。

 などと言ったものの、このシリーズは基本的に戦闘の爽快感や完成度が高いので今回もなんだかんだで楽しめた。ワールドごとのミニゲーム的なバトルとかも新鮮で面白かったです。


ストーリー
 自分はモバイル版のコーデッドをプレイしていないので完全に初見であります。まずは簡単にストーリーの紹介を。

 今回のストーリーの時間軸はキングダムハーツⅡ(以下Ⅱ)のその後。ジミニーが旅の記録をまとめたジミニーメモの整理中に「彼らの痛みをいやしに戻らなければならない」という覚えのないメッセージを発見する。んでもってメモの内容をデータ化したらバグってて、その原因を探ってこいやデータ・ソラこのやろーというのが冒頭。

 で、データ世界を冒険する中でメモの記録にないはずの過去の光景を見たり、メモのデータの集合体であるデータ・リクが出てきたりしっちゃかめっちゃかした後に、現実世界のマレフィセントの策略によってデータ・リクがバグに侵されてしまう。リクを救うべく奔走する中で、ジミニーメモに隠されていた謎の追加データをリクに託され、バグの根源であるソラ・ハートレスと戦う。その正体は、キングダムハーツⅠ(以下Ⅰ)でソラが一時的にハートレス化した時のデータが、ソラがデータ世界で倒したハートレスの力を取り込んだハートレスだった。

 ミッキーに助けてもらったりしてソラ・ハートレスを倒したソラだったが、「彼らの痛みをいやしに戻らなければならない」というメッセージの謎はまだ解けていない。そこでソラはデータ・リクに託された追加データの世界にアクセス、そこは忘却の城だった。そこで待ち受けていた黒コートの人物に導かれながら城を進む内、心に痛みを覚え、悩みながらも心の痛みと向き合っていこうと決意する。その決意を試すかのように、黒コートの人物は右手に過ぎ去りし過去、左手に約束のお守りという2本のキーブレードを携えて戦いを挑む。

 過去作をすべてプレイ済みの人ならここで驚いたに違いない。自分も実際、まさかこいつがと思いました。そう、黒コートの正体はソラのノーバディ、ロクサスのデータだった。正確にはデータから生まれた幻らしいけど。役目を終えたロクサスは、「帰りたい場所ならあるかな。あの夏休みに……」というようなことを言い残して消え、城の最奥に進んだソラを待っていたのはナミネだった。もちろんこのナミネもデータ。

 ここで色々なことが発覚。チェインオブメモリーズ(以下COM)の物語の後、バラバラになったソラの記憶を繋ぎなおす中で、ナミネはソラの記憶の底に眠る隠された記憶を見つけた。その記憶というのがソラに繋がる他者の記憶で、ソラがいつの日か思い出さなければならない記憶だったのだが、同時に強い痛みに満ちた記憶でもあったらしく、記憶の中身に触れるには痛みに負けない方法を探す必要があったと。その方法を探る為にナミネはメモのデータに追加データを自分のデータとともに隠したのだが、それこそがバグの原因であり、「彼らの痛みをいやしに戻らなければならない」というメッセージが現れた理由でもあった。

 前述のとおり痛みと向き合う決意をしたデータ・ソラが記憶に触れると、ソラの中にいくつもの姿が去来した。それは、ソラが救わなければならない人々。ロクサス、アクセル、シオン、ナミネ、テラ、ヴェントゥス、アクアの7人。全員に会ったことのある気がするソラ。ナミネはこの内二人とは会っていると言うが、二人というのはテラとアクアのこと。二人とソラが出会う様子はBBSで描かれている。そして直接会ったことはないがソラと特別な繋がりを持つヴェントゥス。彼らを救うには、ソラの力が必ず必要になる。

 すべてを語り終え、消えかけるナミネに、ソラが伝えたいことがあると言う。「ありがとう」と。多分ここが今回一番感動したところ。COMのエンディングにて、バラバラになった記憶を繋ぎなおせば忘却の城での出来事、つまりナミネのことも忘れてしまうことを知らされたソラが、「ナミネにお礼を言う」と強く思った記憶がデータ・ソラのどこかに残っていたんだと思う。

 データ世界での冒険を終え、バグがなくなったジミニーメモには、バグに侵される前と変わった部分が一つあった。「ナミネにお礼を言う」。これはCOMの後でただ一言メモに残されていたメッセージなのだけど、これがよく見ると「ありがとうナミネ」に変化していることに気付いた人も多いはず。ここでもう一回感動。

 最後にミッキーは、今回の冒険についてソラたちに伝えるため手紙を書く、というところで終了。もちろんこの手紙がⅡのエンディングでソラたちが読んでいた手紙。外伝ばかりでそろそろしんどいなーとか最初は思っていたけども、クリアしてみると今回のストーリーもⅢの為には必要だったんだなーとか思ってみたり。あとジミニーメモの内容はてっきりソラたちの記憶と一緒に消えたもんなのかと思っていたけど、実はバグってたのが原因ということも納得。


シークレットムービー
 気づいたらストーリーばっか書きすぎたとか……もう少しお付き合いくださいませ。ほとんどのプレイヤーが気になっていたであろうシークレットムービー(正確にはムービーとは呼ばないらしいがこまけぇこたぁどうでもいいんだよ)の内容は、トワイライトタウンの外れにある不思議な塔でのミッキーとイエン・シッドの会話。時間軸は本作のエンディング後。ヴェントゥスの行方がようやくわかりそうだと報告するミッキーに、イエン・シッドは「後はテラだけ」と語る。

 その後、イエン・シッドが口にしたのが「ゼアノートが次にどう動くか」という衝撃的な言葉。続きを聞いてみると、ソラがアンセムとゼムナスを倒したことで、つまりゼアノートのハートレスを開放し、ノーバディを消滅させたことで、本体であるゼアノートが復活するという話らしい。そしてゼアノートが一人ではないらしいという意味深な言葉を口にする。

 そこでイエン・シッドは、ソラとリクを塔に呼ぶようにミッキーに命じる。理由を聞くミッキーに対しイエン・シッドが「マスター承認試験を行う」と答えたところで終了。エンディングと合わせて外伝を総括して次回作に繋ぐような内容だった。


考察とか
 DAYSから始まった外伝を全てやっていないとエンディングやシクレは理解できないだろうなーという印象。シクレでの会話から、ミッキーたちはアクアの居場所にはもう見当がついているっぽい。ミッキーはⅠの直前あたりからCOMの頭辺りまで闇の世界を旅しているので、その時にアクアに会っている可能性もある。ヴェンの居場所に関しては今回のことで見当をつけたのか他に情報源があったのかは分からない。心は明らかにソラの中にあることがこれまでの外伝で分かるけども。

 今回一番驚くとともに納得したのはマスター・ゼアノートの復活。最初に聞いた時にははぁ?とか思ったけど、よく考えるとⅡで「ハートレスに囚われていた心が開放され、ノーバディとなっていた肉体が消滅すると本体が復活する」というのが語られていたので納得。まったくこのシリーズの伏線回収には驚かされるばかりである。

 んで気になるのがゼアノートが1人ではないかもしれないというイエン・シッドの言葉。これはゼアノートやゼムナスの影響を受けたことで目が金色になり耳がとがったシグバールやサイクスの復活を指すのか、それともゼアノートが体を乗っ取ったテラやテラが宿すというもう一人の心(BBSのシクレで言われていた)のことなのか。まあ今のところ出ている材料ではこれぐらいしか可能性はない気がする。あとはないと思うけど大穴でヴェン復活と同時にヴァニタスも復活とか。

 因みに自分的にテラが宿しているもう一人の心はマスター・エラクゥスだと思ってます。BBSでエラクゥスが倒れる際にテラと体が重なる描写がありますが、Ⅰでもソラとカイリの体が重なる描写があって、終盤でカイリの心がソラの中にあったからそれが根拠かなー、野村さんもインタビューであれは重要な意味のある描写だと言っているし。

 もう一方のシグバールとサイクスに関してもあながちあり得ない話ではないと思ってます。金目ととがった耳の意味も明らかになっていないし、シグバールとゼアノートの間でどういうやりとりや協力関係があったのかっていうのもぼかされてるからなぁ。サイクスは、アクセルとの計画ってのがまだ残っているし、ソラが救わなければならない者の中にアクセルも入っていたから、二人のリアとアイザとしての決着が次回作以降であってもいいんじゃないかと。アクセルと言えば、ロクサスはヴェンの心を持っていたから感情を持っていたというのが大方の予想だけど、アクセルも心持ってんじゃね?とかDAYSやってて思ったり。シオンはもうどうやって救ってやればいいのか見当もつかんなぁ。存在しなかったことになってるようなものだし。他に気になることがあるとすればDIZ、賢者アンセムがソラの中に隠したっていうデータのことかなー。

 最後に次回作「キングダムハーツ3D(仮)」について。シクレの内容と、既に出ているソラとリクのW主人公という情報から、時間軸はコーデッドの後、二人のマスター承認試験から始まるんじゃないかと予想。インタビューで新たなワールドが出ると言われてるから、承認試験の他にもⅢに向けた何かがあるんじゃないかと。

おわりに
 こんなに本格的にキングダムハーツを考察したのも初めてだけど、Ⅰをプレイした当時はここまで壮大な話になるとは思わなかったなぁ。ⅡやCOMが出るってだけでも驚きだったし。こうなったら完結までついていくしかないじゃないかブラザー。

 で、キングダムハーツⅢはいつになったら出るんです?

 ではではつたない長文を読んでいただいてありがとうございました~(ペコリ


スポンサーサイト
Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
トロフィーコンプしたどー
NEW Topics
一通り
げったったーその2
げったったー
体験版引退
ベルセリア体験版プレイ雑感
Comment
21
ストーリー解説ありがとうございます!
ものすごくわかりやすかったです。アクセルが好きな自分はまたアクセルにお目にかかれるという事実だけで幸せになりました笑 もちろん他の6人も救われるということでよかったです!

22
どもですー。こんな古い記事にコメントしてくださる方がいるとは。

Ⅲはいったいいつになったら出るんだよって感じですが、まあ楽しみに待ちましょう。

それではノシ

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ツルギ

Author:ツルギ
おもにRPGのプレイ経過とか何とかをまったりと。最近はテイルズ少なめ。リンクは自由ですが貼って下さったら教えてやると喜びます。

なう ぷれいんぐ
・FFXIV
・艦これ
・ポケモンGO
・テイルズオブベルセリア
・蒼き雷霆ガンヴォルト爪
・GRAVITY DAZE

FFXIV
Name:Turugi Tormarine
World:Alexander
 エオルゼアを気ままに旅するナイトメインの冒険者。最近はアニマウェポンの作成中。
ついったー
月別アーカイブ

FC2カウンター
QRコード
QR

Page Top
CALENDAR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。