HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトエクシリア2  »  テイルズオブエクシリア2 発売前情報まとめ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長くなっていく予定なので続きからどうぞ。

入った情報は真偽を確かめた上でなるべく早く載せていきます。

また、本記事は前作のストーリーのネタバレに配慮しておりませんのであしからず。

10月24日

新しく判明したDLC衣装情報を追加

発売日
2012年11月1日

価格
8,380円(税込)

ジャンル
選択が未来を紡ぐRPG

キャラクターデザイン
奥村大悟 藤島康介 いのまたむつみ

音楽
桜庭統

主題歌
浜崎あゆみ「song 4 u」

アニメムービー制作
ufotable

その他スタッフ
プロデューサー:馬場英雄 制作プロデューサー:岡本進一郎
リードプログラム:鈴木康吉 バトルプログラム:山瀬孝広 バトルゲームデザイン:福家真広
イベントディレクター:伊藤久仁 演出/絵コンテ:渋江康士 リードイベントスクリプト:小浜智
リードキャラモデルアーティスト:武者匡彦 リードモデルモンスターアーティスト:中村智
リードマップモデルアーティスト:松田拓 リードエフェクトアーティスト:瀧夏子
リードイベントデモ/モーションアーティスト:渡邊一弘 UIアーティスト:鈴木佑梨
サウンドプログラム:池上修司 シナリオライター:山本尚基 プロモーションビデオ制作:稲垣武俊
ディレクター:穴吹健児

※前作とはバトルデザインやシナリオライターなどが変更されている。

予約特典
前作と本作の間の物語を描いた短編小説

初回特典
・TOSラタトスクの騎士より、ルドガーにエミルのコスチューム
・TOVより、ジュードにユーリのコスチューム
・TOGより、ミラにアスベルのコスチューム
・PS3用カスタムテーマ(17種)

セーブデータ特典
 PS3版ヴェスペリア、グレイセスエフ、前作エクシリアのセーブデータと、前作のクリアデータがあるとそれぞれ特別なアタッチメントが手に入る(クリアする必要があるのはエクシリアだけ)。

限定版・同梱版
①DUALSHOCK3 TALES OF XILLIA2 X Edition
 オリジナルデザインのDUALSHOCK3が同梱されている。価格は12,980円
②ララビット特装版きゅんキャラパック
 ルドガーとエル(ルル付き)のきゅんキャラと、特製カレンダーなどが同梱されている。価格は11,980円。
③ebten限定ファミ通DXパック
 描き下ろしタペストリー6種とクリアファイル2種、ルルのぬいぐるみやテイルズオブフレンズのマグカップなどが付属。価格は11,499円。

 本作の主人公・ヒロインのデザインは、テイルズオブシンフォニア ラタトスクの騎士以来となる奥村大悟氏(シリーズではエミルやマルタのほか、精霊など多くのサブキャラクターのデザインを担当している)。

コラボレーション衣装
コードギアス 亡国のアキトとのコラボ衣装が配信される。
 11月1日配信 各500円
 ルドガー:日向アキト

 アルヴィン:ジノ・ヴァインベルグ(ナイトオブラウンズの制服)

 レイア:紅月カレン(パイロットスーツ)

 エリーゼ:ナナリー・ヴィ・ブリタニア(アニメ2期の衣装)

 ローエン:ジェレミア・ゴッドバルト(アニメ2期の衣装)

 ジュード:枢木スザク(パイロットスーツ)

 ミラ:レイラ・マルカル

 ガイアス:ゼロ

 ミュゼ:C.C.(アニメ2期の衣装)

魔法少女まどかマギカとのコラボも決定。
 11月15日配信 各500円
 レイア:巴マミ

 エリーゼ:鹿目まどか

 ミラ:暁美ほむら

 ※いずれも魔法少女時の衣装

 アタッチメントでキュウべえ(200円)

その他のDLC衣装
・新規プレイアブルキャラ3人に学園衣装。11月15日配信で各300円。
 ルドガー:番長的な

 ガイアス:白長ラン

 ミュゼ:セーラー服に黒タイツ

・新規プレイアブルキャラ3人に水着衣装。11月15日配信で各300円。
 ルドガー:ハーフパンツタイプにパーカー、オールバックでタオラー。パーカーの帽子部分はルル

 ガイアス:ハーフパンツタイプでタオラー、サンダル、ネックレスにブレスレット

 ミュゼ:黄色のビキニ

・新規プレイアブルキャラ3人に歴代衣装。11月22日配信で各300円。
 ルドガー:イノセンスよりルカ・ミルダ
  ※骸殻変身時はルカの前世・アスラの姿に変化する。

 ガイアス:デスティニーよりディムロス・ティンバー

 ミュゼ:シンフォニアより藤林しいな

・全員にスポーツ衣装。11月8日配信で各300円。
 ルドガー:バスケ衣装

 アルヴィン:野球衣装

 レイア:サッカー衣装

 エリーゼ:新体操衣装

 ローエン:流鏑馬衣装

 ジュード:アメフト衣装

 ミラ:テニス衣装

 ガイアス:柔道衣装

 ミュゼ:水泳衣装

PSNカード
 全国のエディオン、紀伊國屋書店、ゲオ、コジマ、Joshin、スリーエフ、セブン-イレブン、トイザらス、ドン・キホーテ、PCデポ、ビックカメラ、ミニストップ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラにてエクシリア2オリジナルデザインのPSNカード(3000円)が10月18日から数量限定で発売中。一部取扱いのない店舗もあり。ちなみに絵柄は台紙がテイフェス前のカウントダウンサイトの背景、カード本体は本作のパッケージ絵。


目次 Index(クリックで各項目に飛びます)
1.ストーリー

2.キャラクター
  メインキャラ
  サブキャラ

3.バトルシステム
  リンクモード
  キャラクター特性
  共鳴術技
  骸殻能力
  弱点属性連携
  アローサルオーブ
  スキル
  判明している術技一覧

4.シナリオ関連システム

5.

ストーリー

世界観
 前作のエンディングでジュードたちが断界殻(シェル)を消滅させ、リーゼ・マクシアエレンピオスが一つになってから1年後の世界が舞台。
 約2000年交流のなかった両世界は、融和への動きを見せているものの、思想や文化レベルの違いなどにより、対立の火種もくすぶっている。
 そんな中で急成長を続けるクランスピア社。その巨大な本社ビルなどがそびえ立つ、エレンピオスの都市トリグラフ。そこで暮らす青年ルドガー・ウィル・クルスニクと、カナンの地を目指し一人旅をする少女エル・メル・マータが出会うところから、物語は始まる。


あらすじ
 トリグラフで兄といっしょに生活している、ごくふつうの青年ルドガー。彼は、憧れていたクランスピア社への就職に失敗し、苦労した末に、トリグラフ駅の食堂で働くことになった。
 出勤初日、駅へ向かった矢先に、見知らぬ少女とともに事件に巻き込まれた彼は、多額の借金と世界の命運を背負うことになる。


用語
・エレンピオス
 本作で主に舞台となる世界の名前。文明の発達した世界だが、長年黒匣(ジン)を使用して精霊を消費してきたため、自然はあまりなく、荒廃している。

・リーゼ・マクシア
 2000年もの間エレンピオスと分断されていた、断界殻(シェル)の内側の世界。エレンピオスのように精霊を消費していないので、精霊が多く自然にも恵まれている。

・断界殻(シェル)
 エレンピオスとリーゼ・マクシアを隔てていたマナの壁。これをジュードたちが消滅させたことで、膨大な量のマナが解放された。その結果、源霊匣(オリジン)が普及するまでの間、人々が黒匣(ジン)を使う猶予をもたらしている。

・黒匣(ジン)
 マナの塊である精霊を消費することで術が発動する、エレンピオス側が作り上げた機械装置。現在は断界殻(シェル)が解けてエレンピオス側にもマナが一時的に満たされているため、使用しても精霊が犠牲になることはない。

・源霊匣(オリジン)
 黒匣(ジン)にリーゼ・マクシア側の技術を加えて開発された、次世代のシステム。精霊を殺さずに術を発動させることが可能だが、いまだ実用には至っていない。

・クランスピア社
 通称クラン社。多くの分野においてトップシェアを誇る大企業。文明の利器を活用して、生活レベルの向上に貢献したり、モンスターの討伐や要人警護を請け負ったりしている。かつては異界炉計画の推進派だったが、断界殻(シェル)が消滅した後は、リーゼ・マクシアとの融和を支持している。

・エージェント
 クランスピア社の各分野におけるエキスパート社員。エレンピオスの若者にとっては、憧れの職業。

・トリグラフ
 クランスピア社の本社ビルがあるエレンピオスの都市。

・GHS
 黒匣を利用した遠隔通話装置。いわゆる携帯電話のようなもの。離れた場所から、様々なデータのやりとりができる。近年急速に普及している。

・異界炉計画
 かつてエレンピオス政府が推し進めていた、リーゼ・マクシアにあふれるマナを資源として活用する計画。

・カナンの地
 エルが目指している、たどり着けば何でも願いが叶うとされる伝説の場所。古文書では魂の循環を司る精霊が棲んでいるといわれ、賢者クルスニクがたどりつく場所とされている。

・正史世界
 ルドガーたちが暮らす、本当の歴史が流れている世界。世界のあるべき姿。

・分史世界
 正史世界から様々な要因で枝分かれした、可能性の世界=パラレルワールド。大精霊クロノスの陰謀によって生み出されている。分史世界が増え続けると、正史世界から魂のエネルギーが奪われてしまうが、時歪の因子(タイムファクター)というコアを破壊すれば消滅させることができる。

・時歪の因子(タイムファクター)
 分史世界の核となっている物体。破壊すると、その分史世界は消滅する。

・骸殻
 クルスニク一族に伝わる変身能力。特別な時計を鍵として発動する。骸殻を発動させた者のみが分史世界に侵入し、時歪の因子を破壊することができる。

・大精霊クロノス
 マクスウェル、オリジンと並ぶ原初の三霊の一人。カナンの地の番人であると伝えられている。





キャラクター

パーティキャラクター
ルドガー・ウィル・クルスニク
CV:近藤隆 性別:男性 年齢:20歳 身長:170cm
武器:双剣・二丁拳銃・ハンマー 戦闘タイプ:銃剣槌士
 本作の主人公。エレンピオスの都市トリグラフで暮らしている青年。同居している兄が仕事で忙しいため、愛猫ルルの世話を含めて、家事のほとんどをルドガーが担っている。どんなものを作っても、兄がおいしそうに食べてくれるため、いつの間にか多岐にわたる料理ができるようになった。その腕前は、かなりのもの。あこがれていたクランスピア社への就職に失敗し、苦労の末トリグラフ駅の食堂で働くことになった。
 なお、今のところ戦闘以外でまともなセリフを発している動画やSSがない。→PV第5弾でついに喋った。1週目では声のついたセリフがあまりないが、2週目以降では普通に声付きでセリフを喋るように設定することができる。


エル・メル・マータ
「だから、カナンの地なの! パパを助けてってお願いしないと!」
CV:伊瀬茉莉也 性別:女性 年齢:8歳 身長:130cm
戦闘には非参加(ファイティングチャットで応援はしてくれる)
 しっかり者で口が減らない、活発な少女。父親の言いつけを守り、どんな願いごとでも叶えてくれるという“カナンの地”を目指して、ひとり旅をしていた。その道中でルドガーと偶然出会い、ともにカナンの地へ向かう約束を交わすことになる。本来は甘えん坊で、人見知りをする性格だが、父親を助けるために、自分ががんばらなくてはと気を張っている。父親から譲り受けたという懐中時計を、とても大切に持ち歩いている。


ルル
 ルドガーの兄の飼い猫。多忙な兄に代わって面倒を見てくれるルドガーになついている。エルと偶然出会ったときに彼女から気に入られ、成り行きで旅を共にする。


アルヴィン
「ウソつきたくないんだよ。もう」
CV:杉田智和 性別:男性 年齢:27歳 身長:182cm
武器:両刃大剣 戦闘タイプ:銃剣士
 エレンピオス名家の子息にして傭兵、さらにテロ組織のスパイという、複雑な経歴を持つ商人。エレンピオスとリーゼ・マクシアの両国にツテがあり、ビジネスパートナーのユルゲンスとともに始めた商売を軌道に乗せるべく奮闘中。かつての逃避的な生きかたを見つめ直し、みずからの手で本当の居場所を作ろうとしているため、以前と比べて裏表はなくなっている。ただし、他人と向き合わなければならない機会が増えたため、人間関係の面で壁にぶつかっている模様。


レイア・ロランド
「真実を追求する誇りある仕事なんだから」
CV:早見沙織 性別:女性 年齢:16歳 身長:158.5cm
武器:棍 戦闘タイプ:棍術使い
 前作の主人公ジュードの幼なじみで、明るく前向きな女の子。看護師見習いを辞めた後、本人なりに考え抜いた末、エレンピオスでの“自分探し”を決意。現在は新聞記者の仕事に魅せられ、マイナーな新聞社で修行しているが、いい結果が出せず、焦りを感じ始めている。また、そろそろ自分も大人っぽくなろうと、おしゃれを密かに研究している。


エリーゼ・ルタス
「大丈夫、きっとわかってくれます!」
CV:堀中優希 性別:女性 年齢:13歳 身長:147cm
武器:杖・ティポ 戦闘タイプ:精霊術師
 リーゼ・マクシアにある街、カラハ・シャールの学校に通う、ちょっと内気な女の子。いまは同年代の友だちが増え、前向きに日々を満喫中。親善使節団に参加したことがきっかけで、再びエレンピオスを訪れる。動くぬいぐるみのティポは、彼女が姉のように慕うドロッセルに用意してもらったトランクにしまっていたが、ルドガーとの出会いをきっかけに、名コンビとして復活。携帯型通信機のGHSを使って、エレンピオスで流行中のメル友を作ることにも挑んでいる模様。


ティポ
 自在に動き、バトルではエリーゼを守りながらパワフルに戦うぬいぐるみ。その正体は、エリーゼだけに適合する独立型増霊極(ブースター)。以前に比べて、意図的に黒いコメントを吐く節が……


ローエン・J・イルベルト
「ジジイは、もう後悔できる歳じゃないので必死ですよ」
CV:麦人 性別:男性 年齢:63歳 身長:175cm
武器:サーベル 戦闘タイプ:精霊術師
 指揮者(コンダクター)の異名を持ち、リーゼ・マクシアでその名が広く知られている軍師。現在は、国王ガイアスの右腕として現役復帰し、宰相を務めている。エレンピオスとの交渉の最前線に立ち、両国が共存する道を切り拓くべく休戦協定や和親条約を締結しているが、和平反対派からは憎悪の対象にもなっている模様。政治と軍事両面の世界的なキーマンだが、お茶目なムードメーカーぶりは、もちろん健在。


ジュード・マティス
「僕、不思議なことに縁があって。四大精霊とか精霊の主とか、ね」
CV:代永翼 性別:男性 年齢:16歳 身長:164.6cm
武器:ナックル 戦闘タイプ:拳法家
 前作の主人公。リーゼ・マクシア人の母とエレンピオス人の父との間に生まれたハーフ。医学校を卒業し、現在は研究者として、リーゼ・マクシアとエレンピオス両国の研究施設で活動している青年。断界殻を消滅させた当事者として強い責任を感じており、黒匣に代わる源霊匣の開発に励んでいる。以前のような学生らしい幼さは消え、大人びた雰囲気をまとうようになったが、困っている人を放っておけないお人好しな性格は相変わらず。


ミラ
「どいつもこいつも、巻き込んでおいて勝手なこと言うわね」
CV:沢城みゆき 性別:女性 年齢:21歳 身長:168cm
武器:片手剣 戦闘タイプ:術剣士
 前作の主人公。6歳の時にアルクノアを壊滅させ、クルスニクの槍の建造を阻止した、精霊の主を名乗る女性。使命を果たし終えたため、現在はマクスウェルとしての力を失い、四大精霊を使役することもできない。そのため、生活能力や感覚は一般民衆に近いが、性格は頑固で気位が高い。特殊な生い立ちの影響もあって、友人はいないようである。

 説明文、言葉遣いなど今まで出ている情報から前作のミラとはまるで別人であることが分かる。また、前作ではシルフに結ってもらっていた緑のアホ毛っぽいのがない。現在は分史世界のミラであるという見方が多い。ちなみに名前もミラ=マクスウェルではなくなっている。


ガイアス
「ひとりで戦い続ければ、いつか孤独に呑み込まれるぞ」
CV:置鮎龍太郎 性別:男性 年齢:33歳
武器:長刀 戦闘タイプ:剣士
 統一リーゼ・マクシア(かつて対立関係にあった、ラ・シュガルとア・ジュールの2大国からなる世界)の初代国王。ローエンを宰相に任命し、自身もラ・シュガルとア・ジュールを結ぶ内政と、エレンピオスとの外交で多忙な日々を送っている。その一方で、問題解決の糸口を探すため、しばしば身分を隠して市井に忍び込み、民衆の声を聞いている模様。お忍び中は、本名の“アースト・アウトウェイ”を名乗る。重々しい言動ゆえに冷酷な印象を持たれがちだが、弱き者を守るという想いを一貫して胸に秘めている、熱き王である。


ミュゼ
「私、お姉さんだもの。これでもいろいろ、たいへんなのよ」
CV:真田アサミ 性別:女性 年齢:21歳
武器:髪の毛(装備のカテゴリー的には髪飾り) 戦闘タイプ:精霊術師
 ミラ=マクスウェルの姉で、次元を斬り裂く力を持つ大精霊。前作のエンディング後、精霊界でミラとともに暮らしていたが、ある目的のために再び人間界へ赴いた。かつての狂気は、ミラという心の拠りどころを得たことで消え、いまでは独特な茶目っ気と、素直さを持ち合わせた性格になっている。ただし、ミラのために姉らしく振る舞おうとして、非常識な騒動を巻き起こすことも。


サブキャラクター
ユリウス・ウィル・クルスニク
「ルドガー……俺を信じてくれ」
CV:大川透 性別:男性 年齢:28歳 身長:180cm
 ルドガーの兄で、クランスピア社の特殊戦闘部門における看板エージェント。責任感が強く、面倒見もいい性格だが、弟に対しては、思いやりからか少々口うるさくなりがち。ルドガーの料理なら何でも喜んで食べるが、とくにトマト料理が好物。上機嫌になると、幼少時のルドガーを子守するときに聴かせた“歌”をハミングするクセがある。ルドガーの出勤初日に起こった事件がきっかけで行方不明になる。


ノヴァ
「ビミョーに返済サボってない? マメじゃない男子はもてないよー」
CV:佐藤聡美 性別:女性 年齢:20歳
 ルドガーの元同級生で、クランスピア社の系列銀行に勤務している。物語冒頭で起こる事件がきっかけで借金を背負うルドガーの返済窓口。明るい性格をしており、高収入のアルバイトなどを斡旋してくれるが、どんなツテを持っているのかは謎に包まれている。以前ユリウスの追っかけをしていたこともあり、ユリウス、ルドガーとは気心の知れた間柄。いつも賑やかで明るいが、ときおりさらっと物騒なことを言ったりもする。


ビズリー・カルシ・バクー
「ルドガー、世界のため、君の力を貸して欲しい」
CV:磯部勉 性別:男性 年齢:43歳
 クランスピア社の最高責任者にして、エージェントを束ねる総帥。民間人でありながら、国家予算規模の資金を動かせるほどの力を持っている。彼が何よりも重視するのは、より高みにたどり着こうとする意志と、それを果たすための行動。無策のままあきらめることを選んだ人間に対しては、冷徹な厳しさを見せる。ルドガーの秘められた能力を見抜き、エージェントとしてスカウトしてからは、さまざまな面からサポートしてくれる。


ヴェル
「お待ちしておりました、ルドガー様」
CV:田中理恵 性別:女性 年齢:20歳
 ビズリーの秘書を務める、理知的でクールな女性。どのような経緯で秘書になったのかは不明だが、ビズリーにまったく物怖じしないところが気に入られたのだろう、と噂されている。じつは、ルドガーの幼なじみであるノヴァの双子の姉だが、ふだんはあえて赤の他人のように振る舞う。


イバル
「ふ、いいところに来てしまったようだな」
CV:森久保祥太郎 性別:男性 年齢:17歳 身長:165cm
武器:二刀 戦闘タイプ:剣士
 前作の女主人公、ミラ=マクスウェルに仕えていた元巫子の青年。前作でジュードに敗北した後、あてもなくエレンピオスに渡り、路頭に迷っていたところを、クランスピア社の最高責任者であるビズリーに拾われた。現在はクランスピア社のマルチエージェント(という名の雑用係)となり、新しい上司に従っている。


リドウ
「社会のルールは守ろうぜ、ルドガー君」
CV:遊佐浩二 性別:男性 年齢:29歳 身長:182cm
武器:医療用ナイフ 戦闘タイプ:六刀使い
 医療技術や新薬に関する数々の発明特許を持つ、クランスピア社のドクターエージェント。ユリウスと並び称される有名人だが、非認可の技術で治療を行い、大金をせしめているという黒い噂もある。社交的な言動の裏に、金と名誉への異常な執着を秘めている……?


クロノス
「……教えてやるぞ。この世に壊せぬものがあることを」
CV:諏訪部順一 性別:男性 年齢:?
 “オリジン”、“マクスウェル”と並んで、原初の三霊と称される大精霊。その実態は謎に包まれているが、人間界の伝説では“カナンの地の番人”とされている。分史世界の誕生に関わっており、ルドガーたち“クルスニク”の一族とも、浅からぬ因縁があるらしい。





バトルシステム

 今回のバトルシステムはXDR-LMBS(クロスダブルレイドリニアモーションバトルシステム)。グレイセスとエクシリアの醍醐味を併せ持ったバトルシステムになるとのこと。キャラクターごとに特性が用意されており、前作から引き継ぐ部分も多い模様。従来の技を武身技、術を精霊術と呼ぶのは同様。


ACとTP
 エクシリア2でも前作から引き続きAC&TP制が採用されている。前作のDR-LMBSでは、ACとTPの2つの値を消費することで攻撃を行う。ACが続く限り、自由に通常攻撃、術、技を繋げることができ、術技を使用した場合はTPを消費する。またマップ移動中は、TPを消費して回復系の術などを使用することができる。

AC(アサルトカウンタ):攻撃をする際にのみ消費される値で、通常攻撃や術技など、どんな攻撃でも1消費され、移動や防御行動ではACは消費されない。攻撃後、自動で回復する。要はリメイク版デスティニーやグレイセスに登場したCC、ハーツに登場したEGを、単純な連携数に簡略化したもの。クリティカルヒットや特定のスキル・装飾品の効果で最大値が上昇する。

TP(テクニカルポイント):従来通り術や技を使用したときに消費される値で、術技によって消費量は異なる。アイテムや戦闘中のいろいろな行動で回復できるのも従来のシリーズと同様。


リンクモード
 今作でもリンクモードが引き続き採用されている。プレイヤーはパーティ内の好きなキャラクターと、キャラに応じた十字キーを入力し「リンク」することで2人のキャラクターをペアにして戦える。リンクモードに入ると、プレイヤーが操作するキャラクター(マスター)とペアのキャラクター(スレーヴ)が光でつながった状態になり、マスターの動きに合わせてパートナーが行動を起こすようになる。具体的には、同じ敵を挟み撃ちにする、マスターの背後を狙う敵を攻撃する、連続攻撃を受けているマスターをかばうといった感じ。また、スレーヴによって固有のサポート能力が働くこともある。作戦を設定しておけばオートキャラ同士がリンクすることも可能。

 また、前作からの変更点として、今回はリンク中にリンクしているキャラと同じ方向に十字キーを再度入力することで大まかな作戦の指示が出せるようになっている(一緒に戦えなど)。このリンク時の指示はメニューの作戦でも設定できる。

キャラ毎のパートナー時のサポート能力
ルドガー:ミラーリング
 マスターのサポート能力を真似することができる。例えば、レイアをマスターとして操作しながらルドガーにアイテムスティールを使わせるといったことが可能。

アルヴィン:ブレイカー
 敵のガード状態をブレイクし、更に敵が気絶しやすくなる。

レイア:アイテムスティール
 敵をダウンさせた際に、その敵に近寄り一定確率でアイテムを盗んでくれる。

エリーゼ:ティポドレイン
 敵を浮かせた状態にすると、一定確率で敵のHPとTPをティポが吸収し、マスターに還元してくれる。

ローエン:オートマジックガード
 敵がマスターに対して精霊術で攻撃した際、自動的にマジックガードを発動。このときマスターは自由に動くことができる。

ジュード:レストア
 マスターがダウンしたとき、素早く近寄ってHPを回復してくれる。戦闘不能を回復させてくれることも。

ミラ:バインド
 2人で挟み込んで攻撃しているとき、一定時間敵を拘束することがある。気絶状態の敵には必ず発動。

ガイアス:スプレッドフォース
 マスターをかばって攻撃をガードした際、ガイアスとマスターそれぞれに以下の効果を付与する。
・次の連携中の消費TPを25%軽減
・次の攻撃初段に敵の弱点属性を付与
・次の攻撃初段で敵の鋼体を崩し仰け反らせる(ただし術での攻撃は除く)

ミュゼ:トラクタームーヴ
 マスターのステップを瞬間的に移動させるワープに強化する。前後に大きくステップし、一気に間合いを詰めたり敵の攻撃をかわしたりすることができる。TOGfソフィのハイブーストに近い感じ?

 他にも戦闘中これらのサポート能力と同じアイコンで、かばう、後方カバー、詠唱フォロー、気絶解除などがある。


キャラクター特性
 通常時、リンクモード中に関わらず、常時キャラクターが発揮できる固有の能力。

ルドガー:ウェポンシフト
 ルドガーは3つの武器を同時に装備することができ、バトル中に双剣とハンマー、双銃を切り替えながら戦うことができる。L1とR1を同時押しすることで武器を順に切り替えることができ、L1とR2を同時押しすることで逆の順序でシフトすることも可能。武器ごとに使える術技が異なり、ウェポンシフトを挟んだコンボも可能。

・双剣
 2本の剣を逆手に構え、敵に接近して戦うスタイル。隙が少ないため扱い易く、連撃を得意とする。リーチは短いが斬り込み・身のこなしの素早さから、敵の懐に飛び込み一気に攻めることができる。

・ハンマー
 柄の長いハンマーを両手で構え、振り回して戦うスタイル大降りになるためスピード感には若干欠けるが、リーチの長さ、一帯を巻き込む攻撃範囲の広さが特徴。

・双銃
 二丁拳銃を構え、距離を取って戦うスタイル。一発一発のダメージは大きくないが、安全な距離を取って攻撃・サポートを行うことができる。また、移動しながらの射撃も可能。ただし、双銃を構えている間は移動速度が低下する。

 ちなみに、ゲーム開始直後は双剣しか使えず、シナリオ進行に合わせてイバルがハンマーや双銃を届けてくれるとのこと。

アルヴィン:チャージ
 アルヴィンは右手の大剣と左手の銃を合体させることで「チャージ技」を使うことができる。技を発動した後にボタンを押しっぱなしにすると、武器を合体させ、チャージ状態へ変化。この状態で技を出すと、通常とは異なるチャージ技になる。チャージ1回につき、チャージ技は1回しか発動することができないが、成長することで拡張もさせられる。また、今回はチャージしながら攻撃できる技もあり、連携の幅が広がっている。また、前作ではショートカットに登録した技はチャージできなかったが、今回はチャージできるようになっている。

レイア:活心棍術
 レイアは敵の攻撃をバックステップで回避した際、手にした棍が光って一定時間長くなり、攻撃のリーチを広げて戦うことができる。また、スキルによって棍を長くする持続時間をさらに延ばすことが可能になる。また、今回のレイアは新技も多く習得し、空中連携の幅が広がっている。

エリーゼ:スイッチングティポ
 エリーゼはアピールをすることで、ティポを背中にくっつけた状態(ティポオン)と、付近に浮遊させた状態(ティポオフ)を切り換えることで、戦闘スタイルそのものを変えられる。ティポオンの時は精霊術の威力が高まるほか、杖で術の弾を飛ばすことができる。ティポオフでは技の威力が高まり、ティポが近接攻撃を行う。

ローエン:術後調律
 ローエンは自らが発動させた精霊術に対して様々な追加操作を行うことができ、術発動後の追撃などを行うことができる。精霊術を使用した後、術ごとに決まったキー操作をすることで、術に変化を起こす。この際、使用した術に必要なTPの半分を消費する。今回は新しい武身技も増え、術以外の素早い立ち回りも可能になった

ジュード:集中回避
 ジュードは敵の攻撃をバックステップで回避した際に、瞬間的に敵の背後に回りこむことができる。回りこんだ後は、一定時間的が無防備な状態になり、自由に攻撃を叩き込める。また、スキルによってこの能力を強化することも可能で、何度でも背後を取ることができるようになったり、フロントステップで集中回避を発動することもできるようになる。特に1対1の状況で有利に戦いやすい能力である。

ミラ:魔技
 ミラは各属性の精霊術の発動方法を使い分けることが可能。術ボタンを短く押すと、詠唱なしで「魔技」と呼ばれる技を発動できる。長く押した時は、普通に詠唱を行っての術発動となる。状況に応じて発動方法を使い分けることができる。アルヴィンのチャージ同様、前作と違いショートカットでも精霊術と魔技を使い分けられるようになっている。

ガイアス:リベンジャー
 ガイアスは敵の攻撃をガードした直後の約1秒間、フロントステップが強力な攻撃に変化する。ギリギリでガードするほど強力な攻撃となり、ザコ敵であれば一撃で葬り去ることが可能なほどの高い威力になる。リベンジャーを発動できる約1秒間、ガイアスの腕に光を纏うが、この光の色が赤いほど威力の高い攻撃が出せる状態である。また、スキルによる強化で、フロントステップの他にL1+○でも発動が可能になる。

ミュゼ:リーヴアサルト
 ミュゼは敵の攻撃を受け仰け反り状態になった際、フロントステップかバックステップをするとワープして攻撃から脱出することができる。ワープ直後は術技への連携が可能。また、スキルによる強化で、ワープ直後の連携から詠唱時間の短縮や消費TPの軽減が可能になる。


共鳴術技(リンクアーツ)
 リンクしたキャラが協力して合体技を発動させるシステム。
 リンクモード中に攻撃をすると増える画面左のゲージ(5段階)が一定量溜まった状態で特定の術技を使うと、一定時間「共鳴術技アイコン」が表示され、この時にR2ボタンを押すことでリンクしたキャラが自動的に術技を繰り出して共鳴術技が発動する。なお、共鳴術技を繰り出してもゲージは減らず、次の段階に向けて溜まり始める。共鳴術技を発動しないとゲージは点滅したままで,それより上の段階には進まない。また、発動条件となる術技を該当するキャラが覚えるとリストに自動的に反映される。
 
 前作からの変更点として、2では特定の仲間、術技の組み合わせによって発動するものをユニーク共鳴術技、それ以外のものをコモン共鳴術技と呼ぶ。前者では金色、後者では銀色の共鳴術技アイコンが表示される。コモン共鳴術技は誰とでもどんな技でも発動でき、キャラやルドガーの武器によって突進系や範囲系などのタイプに分かれている。

オーバーリミッツ・共鳴術技チェイン
 共鳴術技を使用することで画面左のゲージが、最大まで溜まった状態で共鳴術技を使用すると、オーバーリミッツ状態に移行する。オーバーリミッツ中は、仰け反り無効となり、ACを消費せずに術技を自由に連携できるようになる。
 また、共鳴術技を使用した際に「Chain Chance!」と表示され、タイミングよく始動技のコマンドを入力することで共鳴術技を連続して発動することができる(共鳴術技チェイン)。ただし、共鳴術技チェイン中同じ共鳴術技は二度使用できない(コモン共鳴術技はスレーヴを変更すれば同じ技でもOK)。オーバーリミッツ中もパートナーの切り替え、リンクモードの解除ができるので、リンクパートナーを切り替えながら連携することも可能な他、ルドガーのウェポンチェンジをチェインに組み込むことも可能。


骸殻能力
 物語が進むと、ルドガーには骸殻(がいかく)と呼ばれる力が備わっていることが判明する。シナリオ上での外殻能力については後述の「正史世界・分史世界」を参照。
 戦闘中は、時間経過によって溜まる画面右下の骸殻ゲージが1以上になったときにL3+R3で骸殻能力が発動。ルドガーが変身して敵全体を異空間に引きずり込む。変身はダウン中・攻撃中・仰け反り中に関係なくキャンセルして発動できる。
 発動中は異空間に敵全員とルドガーのみが存在する状態になるが、HPやTP、ACといったパラメータの概念もなくなるので、怒涛の連続攻撃が可能になる。変身直後から減っていくゲージがなくなると効果は切れるが、ダメージを受けないように立ち回ればより長く変身し続けられるとのこと。
 また、物語がさらに進むと第2段階を使えるようになる。第1段階では仰け反りを無効化、第2段階では攻撃力が増加する。
 ちなみに変身中ルドガーの武器は特殊な「槍」になり、術技は専用のものになる。通常攻撃の連携数や×ボタンと方向キーの組合わせで変化する。


弱点属性連携
 前作では敵の弱点を突くとダメージが増加するだけというシンプルなシステムだったが、今作ではデスティニーやハーツ、グレイセスで採用されていたような弱点連携システムが採用されている。
 エクシリア2では、火・水・風・地・光・闇・斬・打・射の9つの属性が存在する。敵の弱点を突くとダメージが増加するほか、「異なる属性の攻撃」を連携していくことで(おそらく画面右側のゲージが続く間)、さらにダメージがアップする。弱点属性連携中は敵の反撃を封じることができる。
 また、敵は耐性属性も持っており、耐性属性で攻撃するとダメージが減少し、のけぞらず反撃される。
 弱点で攻撃するとWEAK!、耐性で攻撃するとREDUCE!と表示される。

 ようはリメイク版デスティニーの弱点・耐性の要素に、ハーツの属性連携、グレイセスのゲージ制弱点連携を合わせたものであると思われる。ちなみにデスティニーは弱点で攻撃後連携中はすべて弱点扱い。ハーツはデスティニーのシステムに加えて別の属性を重ねていくことでダメージ倍率アップ(ただし耐性属性がない)。グレイセスは弱点を突いてからゲージが切れるまでダメージ倍率アップに加え、複数ある敵の弱点を突いていくことでさらに倍率アップ、すべての弱点を突くとボーナスがついた。


アローサルオーブ
 今作の新しい成長システム。前作のリリアルオーブは、二つの世界を隔てていた断界殻が解放されたことによるマナの奔流が原因ですべて使えなくなったので、代わりに開発された。
 バトルなどで得たエレメンタルコア(おそらくリザルト画面に出ているE.COREのこと)を、アブゾーバー経由でアローサルオーブに吸収させ、6つの属性それぞれ(火・水・風・地・光・闇)にポイントを蓄積させることで術技やスキルを習得することができる。吸収できる属性エネルギーは、アブゾーバーごとに異なり、その蓄積にによって覚える術技なども、キャラクターごとに異なる。

 ようはアブゾーバーを装備し、戦闘によって得られるエレメンタルコアをアブゾーバーに対応した属性に振り分け、術技やスキルごとに定められた数値に達するとそれらを習得できる。エレメンタルコア入手時にはアブゾーバーが自動的にポイントを振り分けてくれる。また、エレメンタルコアは戦闘以外に、フィールドの採取ポイントでも入手が可能。
 例:ルドガーの場合
 ・水属性エネルギーを15ポイント吸収→双剣の技「一迅」を習得
 ・水属性エネルギーを50ポイント吸収→スキル「スタミナ」を習得
 ・火・風属性エネルギーをそれぞれ230ポイント吸収→双銃の技「ラピッドレンジ」を習得

 また、セットするアブゾーバーによって1個のエレメンタルコアから吸収できる属性の種類・ポイントの量は異なる。
 例
 ・火の環珠:1個のエレメンタルコアから火属性を1ポイント吸収
 ・猛き火の環珠:1個のコアから火属性を3ポイント吸収
 ・眩しき稲妻の環珠:1個のコアから火属性と風属性を1ポイントと、光属性を2ポイント吸収

参考:現時点で判明しているアブゾーバー
地の環珠 水の環珠 火の環珠 風の環珠 光の環珠 闇の環珠
猛き火の環珠 強き地の環珠 猛き光の環珠 猛き闇の環珠
稲妻の環珠 竜巻の環珠 濁流の環珠 眩しき稲妻の環珠

 ちなみに、アローサルオーブでは術技やスキルの習得だけでなく、既に習得した術技の強化もすることができる。これは使用回数による強化とは別で、攻撃力の強化、気絶確率の上昇、確率でAC消費0など様々なものがある。


<スキル
 今作のスキルは、前作と同様、決められたポイント内でセットする形式。スキルはレベルアップやアローサルオーブで習得することができる。ただ、前作からSP(スキルポイント)の増加の方法が変更されている。SPはレベルアップでは増えず、新たなスキルを習得した際、そのスキルをセットするのに必要なSPの半分を取得することができる。またその他に、特定の魔物を一定数倒すことで、特定のキャラクターのSPが増加する。


術技(前作キャラの新技は赤字で表記)
ルドガー
双剣
・蒼破刃
・轟臥衝
・鳴時雨
・重裂破
・紅蓮翔舞
・鏡月閃
・魔神剣
・一迅
・雷封刃
・濡羽狩
・アサルトダンス
・真月閃
・舞斑雪

ハンマー
・ソート・ラルデ
・サキオン・アクセ
・ファンガ・プレセ
・アッパーブライス
・エオリエーネ
・アヴァント・ポステ
・サイカトリス
・アリエル・ガーデ
・インヴァイタブル

双銃
・ラピッドレンジ
・ゼロディバイド
・バブルストーカー
・ロクスウィング
・クイックフリッカー
・スタンブリッツ
・タイドバレット
・ブラッディブレイズ
・ヴォルテックチェイサー
・スタビリィエイム

骸殻状態(カッコ内はコマンド)
・蒼破刃(ニュートラル×)
・ゼロディバイド(下+×)
・ヘクセンチア(○→○→×)
・舞斑雪(左右+×)
・シダーエッジ(○→○→○→×)
・バドブレイカー
・絶影(上+×)
・ジ・エンド(○→○→○→○→×)
・双刃乱舞(○→○→○→○→○)
・エイミングヒート
・アッパーブライス
 ※スキル・マイトチャージ2によってチャージ後技が変化することが確認されている。

アルヴィン(カッコ内はチャージ技)
※前作にあったチャージ技が判明した場合、元技の方もあると仮定して載せています(逆も同様)。もし変更があれば修正します。
武身技
・ヴァリアブルトリガー(ヴァリアブルフラッシュ)
・瞬迅剣(瞬迅剣・砲牙)
チャージドブロウ
 ※チャージしながら攻撃できる。
・閃空裂破(閃空衝裂破)
・チェイスバレット(チェイスキャノン)
・虎牙破斬(虎牙連斬)
・魔神剣(剛・魔神剣)
スマッシュベイカー
・タイドバレット(タイドスパーク)
・魔神爆炎斬(魔銃爆炎斬)
スマッシュインフェルノ
 ※モーションからしてスマッシュベイカーのチャージ技?
・ワイドショット(シェル・ヴァンガード)
・エアリアルバレット(エアリアルレイザー)
・守護方陣(守護砲追陣)
・真月閃(真月双閃)

前作に登場したが未判明の術技
地竜閃(地竜閃覇) 爪竜連牙斬(砲竜連牙斬) 魔神閃光断(魔銃閃光断)
レインバレット(シューティングレイン) マズルバーク(マズルロアー)
我流紅蓮剣 エクスペンダブルプライド

レイア
武身技
円閃打
・飛燕翔旋
・昇掃撃
・三散華
烈震天衝
・兎迅衝
・散沙雨
・翔舞煌爆破
瞬迅走破
双流棍
・瞬迅爪
隼穿打

精霊術
・ファーストエイド

前作に登場したが未判明の術技
大輪月華 巻空旋 ヒール キュア レイズデッド シャープネス バリアー クイックネス
ファンシーエレメンツ 活伸棍・円舞 活伸棍・神楽

エリーゼ
武身技
・ピコハン
・ティポグライダー
ブラックドロゥ
トランティポリ
ツインクル
ティポパレージ
・ティポバキューム
・ティポサライブ
・ティポライジング

精霊術
サーペンツヴァイト
 ※空中使用で無詠唱のショックスフィアに変化。リメDの空中昌術みたいなもの?
ミリオンヴァイト
・ピクシーサークル
・ディスペル
・ネガティブゲイト

前作に登場したが未判明の術技
ティポ戦吼 ティポプレッシャー リカバー ハートレスサークル レイズデッド ナース
リヴァイヴ ブラックガイド フラッターズ・ディム リベールイグニッション
リベールゴーランド

ローエン
武身技
プレリュード
ソーンラプソディ
・マーシーワルツ
・セヴァードフェイト
モータルクレッシェンド
フリットカプリッツォ
ヒーリングエチュード

精霊術
・ファイアボール
・ロックトライ
・ブルースフィア
・ディフュージョナルドライブ
・スプラッシュ
・ブライトベル
・フリーズランサー

前作に登場したが未判明の術技
アンビュスマーチ レクイエム ウィンドランス エアプレッシャー ソリッドコントラクション
クラッグワルツ アブソリュート・コア ディバインストリーク タイダルウェイブ
グランドフィナーレ

ジュード
武身技
砕氷刃
日柳
・魔神拳(空中発動できるようになった
・臥龍空破
夕凪
・連牙弾
・治癒功
・烈破掌
・飛天翔駆
・臥龍空破
・烈風拳
・飛燕連脚
・輪舞旋風
・獅子戦吼
・無影掌
・転泡

前作に登場したが未判明の術技
三散華 鋭召来 快気功 叛陽陣 巻空旋 掌底破 鳳墜拳 臥狼砲虎 衝破魔神拳
尖牙 ミュゼ(多分なくなってる) 魔神拳・双牙 三散華・追蓮 剛招来 双撞掌底破
連気治癒功 ウインドカッター グレイブ アクアプロテクション フレアボム 殺撃舞荒拳
虎牙破斬・咢

ミラ
武身技
マジェストホウィール
・カタラクトレイ
・ラウンドエッジ
ジグズエッジ
・アサルトダンス
・コンディムネイション
・ネガティブホルダー

精霊術(カッコ内は対応する魔技)
※アルヴィン同様前作の術かその魔技が判明したらもう一方は判明しなくてもあると仮定して載せてます。
・ファイアボール(フレアボム)
・バーンスプレッド(フレアボム)
・ウィンドランス(ウィンドカッター)
・アリーヴェデルチ(ウィンドカッター)
・バニッシュボルト(ライトニング)
・グレアケイジ(パーティクル・ロンド)
・ロックトライ(グレイブ)
・スプラッシュ(アクアプロテクション)
プリズンセイヴァー

前作に登場したが未判明の術技
ルナティックスティング ディストールノヴァ イフリート ウンディーネ シルフ ノーム
ディバインストリーク レイジングサン サイクロン サンダーブレード
ハイアーザンスカイ オーバードライヴ スプリーム・エレメンツ 虎牙破斬・咢

ガイアス
武身技
・魔神剣
・皇光破斬
・猛招来
・獅子戦吼
・煌塵裂破
魔神剣・翔牙
・断臥昇天
・飛燕瞬連斬
・覇道滅封

前作に登場したが未判明の術技
瞬迅剣 虎牙破斬 爪竜連牙斬 覇王天衝剣 闢・魔神王剣
断禍消穢 聖戈滅砕陣 空破天裂陣 破邪十字星

ミュゼ
武身技
・オールアウト
・エザリィウィップ
エザリィルーツ
ティアーハーツ
・シーズスロウ
・スタンブリッツ
・アヴォイダンス

精霊術
・グラヴィティ
バニッシュボルト
ウィンドランス
バーンスプレッド
ショックスフィア

前作に登場したが未判明の術技
ネガティブホルダー フォースマイン エレメンタルムジーク
クールアブソプト レイジングサン サイクロン ディフュージョナルドライブ
クラッグワルツ ブラックガイド レイズデッド イベントホライズン


共鳴術技
コモン
※今のところ組み合わせと名前の法則が不明。頭文字のアルファベットが鍵か? ルドガーが関わるものは双剣だとチャージ・エッジ、双銃だとカノン、ハンマーだとピラーとついてるっぽい。
・リンクカノン・D:ルドガー双銃と誰か?
・リンクチャージ・D:ルドガー双剣と誰か?
・リンクピラー・D:ルドガーハンマーと誰か?
・Wリンクチャージ・D:アルヴィンとレイア?
・Aリンクピラー・D:ルドガーハンマーとローエン?
・Eリンクエッジ・D:ルドガー双剣とレイア?
・Aリンクエッジ・D:アルヴィンとエリーゼ?
・Lリンクチャージ・D:ルドガー双剣とジュード?
・Lリンクカノン・D:ルドガー双銃とジュード?
・Fリンクカノン・D:ルドガー双銃とミラ?
・Eリンクチャージ・D:ルドガー双剣とジュード?
・Sリンクピラー・D:ルドガーハンマーとジュード?
・Fリンクエッジ・D:すどがー双剣とミラ?
・Fリンクピラー・D:ルドガーハンマーとミラ?
・リンクエッジ・D:ミラとアルヴィン?

ユニーク(前作から続投のものは組み合わせが同じとして載せています)
ルドガーとアルヴィン
・モータルファイア:ラピッドレンジ×ヴァリアブルトリガー、クイックフリッカー×エアリアルバレット
 ※初報では前者の組み合わせだったが体験版では後者だった模様。
・セパレイツフラッシュ:ラピッドレンジ×ヴァリアブルトリガー
 ※初報ではルドガー側がスタンブリッツだった気がする。
・オールザウェイ:ロクスウィング×ワイドショット

ルドガーとレイア
・円閃襲落:ソート・ラルデ×円閃打
・灸朱雀:サキオン・アクセ×??
・ヘヴンズレポート
・六断牙:ソート・ラルデ×三散華
 ※円閃襲落と六断牙でルドガーの技がかぶっているので、どちらかはミスの可能性あり

ルドガーとエリーゼ
・閃闇裂破刃
・ゴルドカッツ
 ※ゴルドカッツは金の招き猫と銀のルルのどちらかが落ちてくる。
・絶影:轟臥衝×ブラックドロゥ
・ティポランチャー:アリエル・ガーデ×ティポバキューム
・シャッフルアウェア:サキオン・アクセ×ディスペル

ルドガーとローエン
・フューリーストーム
・ベルベティスラッシュ
・ヴォルテックライン
・ウィナーズワルツ
・デュアルカプリッツォ:??×フリットカプリッツォ

ルドガーとジュード
・飛燕猛襲牙:轟臥衝×飛天翔駆
・双覇連散:鳴時雨×三散華
・獅儘封吼:サイカトリス×烈破掌
・臥龍裂渦:ソート・ラルデ×転泡

ルドガーとミラ
・スカードエッジ:鳴時雨×ラウンドエッジ
・カタラクトリボルバー:紅蓮翔舞×カタラクトレイ
・フラッシュクレイドル:ロクスウィング×グレアケイジ、ヴォルテックチェイサー×バニッシュボルト
・レイニースティンガー:一迅×スプラッシュ

ルドガーとガイアス
・魔神連牙斬:魔神剣×魔神剣
・ファランクス:轟臥衝×猛招来
・邪霊一閃:重裂破×断臥昇天

ルドガーとミュゼ
・次元斬:ソート・ラルデ×エザリィウィップ
・メテオレイド:??×オールアウト
・スナイプバレル:バブルストーカー×アヴォイダンス
・チェインリアクト:クイックフリッカー×シーズスロー

アルヴィンとエリーゼ
・ピコ破斬:虎牙破斬×ピコハン

アルヴィンとジュード
・飛天翔星駆:エアリアルバレット×飛天翔駆

アルヴィンとミラ
・紅蓮剣:虎牙破斬×ファイアボール

レイアとミラ
・エアリアルファイア:巻空旋×ファイアボール

レイアとミュゼ
・秋沙雨:散沙雨×??

エリーゼとジュード
・エイドオール:ピクシーサークル×治癒功

エリーゼとミラ
・ピコレイン:ピコハン×ウィンドランス

ローエンとガイアス
・絶破裂氷撃:フリーズランサー×獅子戦吼
・アクアストライク:スプラッシュ×煌塵裂破
・デュアルカプリッツォ:フリットカプリッツォ×煌塵裂破
 ※煌塵裂破がアクアストライクとかぶっている

ローエンとミュゼ
・ウィッチクラフト

前作に登場したが未判明の共鳴術技(組み合わせは省略)
A:組み合わせに必要な両方の術技の続投が判明しているもの
ジュードとミラ
絶風刃 双砕迅 スパイリット・メディク 滅爪乱牙

ジュードとアルヴィン
魔神連牙斬 リフレクトボミング

ジュードとエリーゼ
臥龍アッパー

ジュードとローエン
スプラッシュライン 海龍拳

ジュードとレイア
エイドオール 封舞活震劇

ミラとアルヴィン
爆陣散画

ミラとローエン
フェイタルボム ロックヘキサ

ミラとレイア
フレアトーネード 水月烈破 瞬迅風牙

アルヴィンとエリーゼ
ティポ・BUSTER ティポチェイサー

アルヴィンとローエン
紅蓮剣

アルヴィンとレイア
衝破十文字

エリーゼとローエン
ピコピコワルツ

エリーゼとレイア
ライオットグライダー

ローエンとレイア
水月烈破 流舞崩爆破

B:組み合わせに必要ないずれかの術技の続投が判明していないもの
ジュードとミラ
玄武散 気刃連旋襲 エアリアルファイア 炎穿陣 雷閃拳 スカーレットファング イノセントゲート
カタラクトブレード

ジュードとアルヴィン
転留追刃穿 拒甲掌破

ジュードとエリーゼ
ジャイアントティポドロップ ティポザビースト リカバーヒール

ジュードとローエン
玄武散 獅吼爆砕陣 絶破裂氷撃

ジュードとレイア
ヴァイト・ルインフォース 巻空鏡舞 六散華 閃破封翼弾

ミラとアルヴィン
龍虎滅牙斬 襲爪雷斬 クェイクレイダー

ミラとエリーゼ
マジカルティポ フェアリーサークル ケオティックフューザー サンダープレッシャー

ミラとローエン
時練大爆鐘 レイジングミスト エアスラスト

ミラとレイア
フェアリーサークル エレメント4

アルヴィンとローエン
守護氷槍陣 フェイタルサーキュラー

アルヴィンとレイア
エールシャワー 轟覇転武踊

エリーゼとローエン
グラヴィティ アゼリアブレード

エリーゼとレイア
リザレクション フルレイズデッド

ローエンとレイア
ストップフロウ

C:そもそも組み合わせが不明。続投も不明
ガイアスとミュゼ
飛燕瞬王牙 双砕迅 クリティカルブレード 龍虎滅牙斬





シナリオ関連システム

選択肢システム
 シナリオ中、ルドガーの言動や行動をL1とR1ボタンによって選択するシステム。中には制限時間のあるものや、重大な局面を左右する決断を迫るものもある。ちなみにルドガーがユリウスを呼ぶ時の呼び方もこれで決まる。


借金返済
 ルドガーは出勤初日の事件がきっかけで背負った借金を返済していかなければならない(2000万ガルド)。エレンピオスでは、個人情報はGHSで管理されており、高額債務者はGHSによって所在を追跡される。また、逃走防止のために移動手段も制限されるため、最初は行動範囲が限られている。借金を返済していくと徐々に制限が解除され、行動範囲が広がっていく。
 返済方法は、所持ガルドが一定額に達するごとに返済窓口のノヴァから連絡が入るので、そこで任意に金額を決めて返済していく。返済せずに大量にガルドをため続けていると強制徴収されることもある。返済金額が一定値に達すると、ルドガーの行ける場所が増えていくという仕組み。


クエスト
 クエスト斡旋所という施設でクエストを受けることができる。クリアするとガルドと勲功ポイントを得ることができ、勲功ポイントをためると称号を取得できる。位の高い称号を取得すると、より高難度のクエストを受注することができるようになる。


正史世界・分史世界
 物語が進むと、ルドガーの持つ骸殻能力が判明し、クランスピア社総帥のビズリーがその力に目をつける。クランスピア社は、世界のあるべき姿(正史世界)から分岐した別世界(分史世界。ようはD2の改変現代のようなもの?)を監視している。ビズリーはルドガーをエージェントとしてスカウトし、分史世界を破壊する任務を与える。
 分史世界は核となる物体、時歪の因子(タイムファクター)が破壊されると消滅する。ただし時歪の因子は何かに憑依もしくは擬態して、その存在を隠している。ビズリーの秘書ヴェルからの情報をもとに、いったん分史世界に入ると、時歪の因子を破壊するまでは脱出不可能となる。ルドガーは骸殻の力を使い、与えられた任務に臨む。ようは骸殻能力というのは、空間だのなんだのに干渉することができる能力であると予想される。
 また、分史世界では正史世界にはいない人物が登場する可能性があり、前作で死んだはずのウィンガルやナハティガル、ジランド、プレザ、アグリア、ジャオなどが登場することが判明している。 
 ちなみに分史世界には、ナンバーと深度、偏差、侵入点といった情報がある。


キャラクターエピソード
 本作の物語は細かい章立ての構成となっており、ルドガーとエルを中心とした物語は、メインチャプターと呼ばれる。章と章の間は自由に行動できる期間となる。
 この期間は借金返済やクエストのクリアに充てることができる他、キャラクターエピソードというイベント(ダンジョン探索やボス戦も含む)を進めることができる。章と章の間に街に入ると、パーティメンバーが街中に散開する。この時頭上に赤い「!」マークがついているキャラクターに話しかけると、キャラクターエピソードを開始することができる。
 キャラクターエピソードを進めると、そのキャラにちなんだ貴重なアイテム(衣装など)が手に入る他、それ以降のメインチャプターで追加のイベントシーンが挿入されることもある。ちなみにジュードのキャラクターエピソードでは源霊匣セルシウスが登場することが分かっている。


新密度
 キャラクターエピソードやロングチャットの選択肢を通して仲間との交流を重ねると、ルドガーと相手の新密度が上昇。特別なチャットやリザルト画面での掛け合いが発生したり、特殊な術技やスキルを教わることもある。





その他

判明済みのコスチューム(課金なしで手に入るもの)
・初回特典3種
・ルドガーコック衣装+髪型
・前作キャラの前作衣装+カラバリ衣装
・今作衣装のカラバリ衣装
・ルドガーディーラー衣装


判明済みのアタッチメント
・バラのコサージュ
・エルの鞄
・ユリウスの眼鏡
・レイアの帽子
・コック帽
・防音ヘッドホン
・モンスターヘッド
・リーゼント


※前作でDLC衣装をダウンロードしたプレイヤーは、今作にダウンロードした衣装を引き継ぐことができる。引き継ぐのに特別な操作は必要なく、DL済みの衣装は前作と同様アイテムのDLC欄に表示される。また、2の初回特典といくつかの衣装は、前作に逆輸入することができる。


サブイベント:ネコ派遣
 物語を進めると、ルドガーと同じマンションに住んでいるネコ好きの女性から、逃げ出したネコたちの捜索を依頼される。ネコたちは、世界各地の街やダンジョン内に隠れている。
 見つけ出し捕まえたネコは、任意の場所に派遣することが可能になる。派遣されたネコたちは、一定時間が経過後素材や武器、アタッチメントを持ち帰る。仲間のネコを連れてくることもある。また、旅のおともとして持たせたアイテムによって、ネコが戻るまでの時間を短縮することなどもできる。その他、デイリーボーナスという要素もある(その時によって一定のエリアにボーナスがある)。ネコは全100匹。

現在判明しているネコの名前
リチア イエニャー すず


ミニゲーム
 今回ミニゲームとしてポーカーが遊べることが判明している。景品としてアタッチメントなどが手に入る模様。借金返済にも役立てることができるとのこと。他のミニゲームがあるかはまだ不明。


ショップの仕様
 今回のショップは前作と異なり、街によって道具や武器屋などの品ぞろえが異なるという従来の仕様に戻った。
 また新要素として通常の買い物のほかに、必要な素材とガルドを渡して特別なアイテムを作る「特注」が利用できるようになった。新たな街でショップをのぞくと、その町の特注品がショップメニューに登録される。一度登録された特注品は、全世界のショップで同じものが作れるようになる。ちなみに特注では武器・防具やアクセサリー、料理やアブゾーバーなども作ることができる。


ランダムトレジャー
 宝箱とは別に、マップのいろいろな場所にランダムで存在するお宝。前作から続投の仕様だが、今回はエレメンタルコアが手に入ることもある。鬱陶しかった横穴については公式に記載なし。










スポンサーサイト
Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
テイルズオブハーツRの発売が決定
NEW Topics
一通り
げったったーその2
げったったー
体験版引退
ベルセリア体験版プレイ雑感
Comment
Trackback
長くなっていく予定なので続きからどうぞ。入った情報は真偽を確かめた上でなるべく早く載せていきます。6月16日:更新開始
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ツルギ

Author:ツルギ
おもにRPGのプレイ経過とか何とかをまったりと。最近はテイルズ少なめ。リンクは自由ですが貼って下さったら教えてやると喜びます。

なう ぷれいんぐ
・FFXIV
・艦これ
・ポケモンGO
・テイルズオブベルセリア
・蒼き雷霆ガンヴォルト爪
・GRAVITY DAZE

FFXIV
Name:Turugi Tormarine
World:Alexander
 エオルゼアを気ままに旅するナイトメインの冒険者。最近はアニマウェポンの作成中。
ついったー
月別アーカイブ

FC2カウンター
QRコード
QR

Page Top
CALENDAR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。