HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトエクシリア  »  テイルズオブエクシリア PV第3弾が公開
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 満を持して公開されたPV第3弾! アニメーションパートもたくさん出てきていい感じですね!

 というわけでPVの内容をまとめてみました!

 結構長いので続きからどうぞ!


※(アニメ)はアニメーションパートの意
王都イル・ファンの夜景

(アニメ)インターン先の病院(?)であわてて廊下を走っていくジュード

(アニメ)車椅子で子供たちと遊ぶレイア

(アニメ)窓際で黄昏るアルヴィン

(アニメ)自室(?)でティポと戯れるエリーゼ

(アニメ)お屋敷で窓の外を眺めるローエン

(アニメ)四大精霊に見守られながら社の扉を開け、旅立つミラ(ここまでPV第1弾のナレーション語り入り)

研究所の最深部(?)で軍の最高機密らしき兵器を見つけるジュードとミラ。
ミラ「やはりか…黒匣(ジン)の兵器だ」
計器をいじって色々調べるジュード。
ジュード「クルスニクの槍…創世記の賢者の名前だね」
ミ「クルスニクを冠するとは これが人の皮肉というものか」

社で儀式的なことをするミラ。しかし失敗(?)する。心配そうにするジュードたちを押しのけてイバル参上。
ジュード「ミラ!」
イバル「ミラ様! ミラ様 心配いたしました」
ミラ「イバルか」

ナハティガルに斬りかかるミラ。しかし簡単に跳ね飛ばされる。
ミラ「ナハティガル! 貴様のくだらん野望 ここで終わりにさせてもらうぞ」
ナハ「儂はクルスニクの槍の力をもって ア・ジュールをもたいらげる」

ジュード、アルヴィン、ローエン、クレインの会話シーン。
クレイン「民をもてあそび 独裁に走る王に これ以上従うことはできない」
アルヴィン「反乱を起こすのか?」
ジュード「…戦争になるの?」

ナハティガルと部下の銀髪パッツンの会話(途中人体実験してニヤけるパッツンのシーンが入る)。
パッツン「あの技術…増霊極(ブースター)をア・ジュールが手にしているというのは脅威ですな」
ナハ「かまわん 至急イル・ファンにデータを持ち帰れ」
パッツン「では、クルスニクの槍に繋いだ者たちに…」

研究所で培養液に入れられた人たちからマナが吸い取られるような感じの光景を見てしまうジュードのシーン。ジュードの目の前で苦しんでいるのは担当教授?
ナハ「さっそく実装しろ」

呆然とするジュードのシーンが流れながらミラとナハティガルの会話。
ミラ「…答えろ なぜ黒匣(ジン)を使う なぜ民を犠牲にしてまで必要以上の力を求めるのだ」
ナハ「己が国を 地位を 意思を 守り通すためには力が必要なのだ! 民はそのための礎となる」

クルスニクの槍を四大精霊と協力して破壊しようとするミラ。
ミラ「やるぞ 人と精霊に害為すこれを破壊する!」
ジュード「ミラは本当に精霊マクスウェル?」

闘技場的なところの観客席でティポを奪われ突き飛ばされるエリーゼ。
モブキャラ「邪魔すんな!」
エリーゼ「待って!」
観客席上の段にレイア。
レイア「エリーゼ!」
なんかビームみたいなの撃ってくる敵と戦うミラが、観客席のアルヴィンに呼びかけるが、なんだか焦っている様子のアルヴィン。
ミラ「アルヴィン!」
アルヴィン「やつらの狙いはお前じゃない 俺は知らなかった!」

研究所で先ほどの人体実験を見てしまったジュードに声をかける銀髪の女(声は坂本真綾?)。
銀髪「見ちゃったんだ」
ジュード「君は…?」
銀髪「その顔 たまんない」(目が多少逝っちゃってる)

ハ・ミルの近所の森(?)でジュードたちに隠れるようにして立つエリーゼの話しかけるハンマー担いだヒゲオヤジ。
ヒゲ「…何故だ その者たちといても安息はないぞ」(→エリーゼ「友達って言ってくれたもん」のシーンに繋がる?)

魔導書みたいなの持ってミラを術式的なので拘束する茶髪女(しっぽ生えてる)がアルヴィンと会話するシーン。
しっぽ「今はこの娘に執心なのかしら?」

ア・ジュール王に謁見するジュードたち。王の側近(?)の黒づくめを見て驚くローエン。
黒「お前たちは陛下に謁見を申し出たそうだが…話を聞かせてもらおうか」
ローエン「ア・ジュールの黒き片翼…革命のウィンガル」

ミラに話しかけるア・ジュール王(声は置鮎龍太郎)。
王「マクスウェル ラ・シュガルの研究所から「カギ」を奪ったな それをこちらに渡せ」
ミラ「断る (クルスニクの槍からカギ的なものを取り出しているような回想シーン。ジュードが吹っ飛ばされるところ)あれは人が扱いきれるものではない 人は世界を破滅に向かわせるような力を前に…己を保つことなどできない」

謁見の間にあわてて入ってきたしっぽ女がア・ジュール王に報告。
しっぽ「ハ・ミルがラ・シュガル軍に侵攻されました」
ローエン「なんですと」
しっぽ「殺害されたものも多数おります そしてその場には…大精霊の力と思しき痕跡が多数ありました」
ミラ「バカな…四大が解放されていれば感知できるはずだ まさか クルスニクの槍の力…」

大剣的なものを掲げるナハティガル。
ミラ「ナハティガルは新たな「カギ」を生み出したのか!?」

(アニメ)ア・ジュールの部族たちを前に指揮をとるア・ジュール王。
王「すべての部族に通告しろ 宣戦布告の準備だ わが民を手にかける者は…何人たりと許しはしない!」

ここから主題歌のサビが流れる。

(アニメ)ラ・シュガルとア・ジュールが戦争しているシーン。

(アニメ)ナハティガルとパッツン。

戦闘シーンその1:レインバレット(アルヴィン)→ピコハン(エリーゼ)→ティポプレッシャー(エ)→魔神閃光断(ア)

戦闘シーンその2:散沙雨(レイア)→飛燕翔旋(レ)→大輪月華(レ)→ロックトライ(ローエン)→翔舞煌爆破(レ)

戦闘シーンその3:ジュードとミラの共鳴術技3連発(Link Arts Chain!)スカーレットファング→カタラクトブレード→双砕迅(この間画面左のゲージが減っていっている)

(アニメ)ア・ジュール王とタイマンで戦うジュード。

戦場(?)でミラに肘鉄かまして気絶させたア・ジュール王が、ミラを肩に担いで何人か雑魚を斬り倒した後、ミラをジュードに渡す。その後先に行け! みたいなリアクション(原素研究所脱出時のアスベルの「先に行け、ソフィ!」みたいな感じ)。

(アニメ)戦場で発動するクルスニクの槍。マナを吸い取られる(?)ジュードたちやア・ジュール王、たくさんの兵士たち。→ぶっぽろせ!(違

主題歌流れるの終わり。

荒れ果てた戦場。
ミラ「そうか…そういうことだったのか」

終わり。予約特典などの案内の後にチャット。
ローエン「うう、あたたかい暖炉が恋しいですね」
レイア「わたしは、あたたかいお鍋が恋しいよ」
ミラ「鍋が恋しい……か。今ならその言葉の意味が身にしみてわかるな」
ジュード「ミラ、お腹冷えない?」
ミラ「大丈夫だ……はくしょん! (ここから鼻声)おお、鼻水が……❤」
アルヴィン「騒がしい精霊の主様だ」
ミラ「ああ、人間の体というものは、本当にままならないものだな」
ミラのお腹が鳴る。
ジュード「……とりあえず、なんか食べよっか?」


 オラワクワクしてきたぞ!!

 いやはや今回はストーリー中心のPVでしたが、キャラも出揃ってきてテンション上がりますなー。ア・ジュール王とかイケメンすぎるでしょう。あと銀髪女がネジ2、3本外れてそうでいいですね。最初エロメ……エメロードさんに似てる気がしたけれども。戦闘シーンはリンクアーツの連続発動が爽快で熱いですね。あとはついにエミルの魔神閃光断が歴代技として登場しているのが時の流れを感じさせます。ストーリーは今の時点ですごい壮大そうでワクワクさせられるのであとは発売直前に戦闘中心、むしろ戦闘ばかりのPV第4弾をお願いしますね。秘奥義はもういっそのこと発売まで隠しておいてくれてかまわないですがね。

 というわけで発売まであと2カ月に迫った本作。夏休みの間このワクワクをどこへ向ければいいんだー!!

 それではノシ



スポンサーサイト
Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
【壁紙】テイルズオブエクシリア【作ってみた】
NEW Topics
一通り
げったったーその2
げったったー
体験版引退
ベルセリア体験版プレイ雑感
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ツルギ

Author:ツルギ
おもにRPGのプレイ経過とか何とかをまったりと。最近はテイルズ少なめ。リンクは自由ですが貼って下さったら教えてやると喜びます。

なう ぷれいんぐ
・FFXIV
・艦これ
・ポケモンGO
・テイルズオブベルセリア
・蒼き雷霆ガンヴォルト爪
・GRAVITY DAZE

FFXIV
Name:Turugi Tormarine
World:Alexander
 エオルゼアを気ままに旅するナイトメインの冒険者。最近はアニマウェポンの作成中。
ついったー
月別アーカイブ

FC2カウンター
QRコード
QR

Page Top
CALENDAR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。