HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトエクシリア  »  テイルズオブエクシリア発売前情報まとめ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長いので続きからどうぞ。

入った情報はなるべく早く載せていきます。

序盤のあらすじなども書いているので一応ネタバレ注意です。

9月2日更新 戦闘仕様色々やメニューを更新


発売日:2011年9月8日

価格
通常版:8,379円 ララビット版「きゅんキャラパック」:12,980円 ebten版「ファミ通DXパック」10,979円 本体同梱版「Xエディション」:32,980円(全て税込)

ジャンル:揺るぎなき信念のRPG

音楽:桜庭統

主題歌:浜崎あゆみ「progress」(8月31日発売のミニアルバムに収録)

アニメムービー制作:ufotable

予約特典:ジュード・ミラのマスコットチャーム(全4種の内1種がランダムで封入。大きさは3センチぐらい)

初回特典:クレス(ジュード)&スタン(ミラ)の衣装とカスタムテーマ10種がDLできるプロダクトコード

コラボ:STAR DRIVER 輝きのタクトとのコラボが決定。ジュードが颯爽登場したりミラが窓際はアリだったり。他にはアイドルマスター2とのコラボも

 本作ではシリーズ初の藤島康介といのまたむつみの両絵師を起用したW主人公を採用、ゲーム開始時に主人公を選び、選んだ方の主人公の視点で物語が進む。尚、パーティメンバーは藤島・いのまた両氏が同じ人数ずつ担当している。


目次 index
1.ストーリー

2.パーティメンバー

3.バトルシステム
 ・リンクモード関連
 ・キャラクター特性
 ・術技
 ・共鳴術技
 ・成長システム、スキル
 ・戦闘仕様色々

4.メニュー(アタッチメントはここ)

5.その他

6.サブキャラクター、町など





ストーリー
世界観
 精霊術による文化を基盤に発展した世界、リーゼ・マクシア
 そこには人間と多くの魔物、そしてあまねく精霊たちが存在していた。
 人間は、脳の“霊力野(ゲート)”と呼ばれる器官から、世界の根源エネルギーである“マナ”を発することができ、マナを糧として生きる精霊は、人間からマナを受け取り、その見返りとして術を発動させる。これが精霊術の仕組みであり、この共生関係こそが、リーゼ・マクシアの文明の根幹を担っていた。
 精霊術は、人により得手不得手があるものの、誰もが使える一般技術で、生活の隅々にまで浸透していた。照明を灯すこと、家を建てること、大きな船を動かすこと、すべてを行っているのは精霊術である。
 しかし精霊の姿そのものは、特別な方法で実体化していない限り、人間の目でとらえることは難しい。日常的に精霊術の恩恵にあずかっていても、実体化した精霊を見ることは非常に稀(まれ)である。そんな精霊たちを、太古から束ねる主は、元素の精霊マクスウェルであると言われている。


国、世界情勢など
 リーゼ・マクシアでは、南方の大国「ラ・シュガル」と北方の小国群による連邦国家「ア・ジュール」が、リーゼ・マクシア全体の覇権をめぐって対立している。基本的にはどちらの国家も民主主義だが,近年は在位中のラ・シュガル王が議会を抑えて独裁色を強め,対外への侵攻政策を進めているために、緊張状態が続いている。

・ラ・シュガル
 リーゼ・マクシア南方に位置する、温暖な気候と肥沃な土地に恵まれた大国。
 歴史の古い国家で、伝統・旧習を重んじる傾向にある。
 多くの術士を抱え、充実した精霊術文化を持ち、教育・研究にも力を入れている。特に王都イル・ファンは、リーゼ・マクシア随一の大都市であり、最新の精霊術を用いた煌びやかな建造物の数々は、ラ・シュガルの国威の象徴。代表貴族により構成された議会が存在するが、王の独裁体制が整いつつある現在、議会は有名無実化している。

・ア・ジュール
 現ア・ジュール王が、北方の少数部族や辺境の小国をまとめあげて建国した連邦国家。
 国土の大部分が険しい山脈や乾燥した荒野で、山岳部には積雪も多い。
 新興国ながら目覚しい発展を遂げており、現王はその手腕とカリスマ性から高い支持を得ている。部族統一により、独自色を持った活力ある文化を形成している。また、魔物を操る一族が存在し、魔物の習性を巧みに生活や軍事に利用している。


あらすじ
 王都イル・ファンの病院で、インターンとして研修中のジュードは、忙しいながらも平穏な日々を送っていた。
 ある日、精霊術失敗によるケガ人が、普段よりも不自然に多く来院する。患者を診察したジュードは、精霊たちの様子がおかしいのではと疑問を持つが、その原因はわからなかった。
 そんな中、担当教授への言付けを、持ち前のお人好しぶりを発揮して引き受けたジュードは、教授が仕事で向かったという、軍の研究所を訪れる。

 一方、自らがまつられている山中の社で、下界の様子をうかがっていた精霊マクスウェルことミラは、王都イル・ファン周辺で、大量の精霊が一度に消滅したことを感知していた。
 ミラは、すべての精霊と人間に危機が迫っていると判断し、真偽を確かめるべく、イル・ファンへと向う。精霊消滅の原因と思しき軍の研究所へ、単身侵入を試みようとしてたミラは、そこで1人の少年と出会う。





パーティメンバー
ジュード・マティス(藤島さんデザイン)
「お節介、お人好しって言われちゃうけど、放っておけないから」
CV:代永翼 性別:男性 年齢:15歳 身長:163cm
武器:ナックル 戦闘タイプ:拳法使い
 本作の主人公。まだ幼さの残る少年だが、医師になるべく、1人故郷を離れて王都イル・ファンの医学校で学んでいる。現在はインターンとして研修中。賢く冷静で、何事も要領よくこなす優等生だが、物事の割り切りも早い今どきの子。一方で、お節介ともいえるほどの世話焼きな面もあわせ持つ。そのせいで何かとやっかいごとに巻き込まれがちな、お人好しである。
 争いごとは好まないが、戦いにおいて優れた集中力を発揮し、仲間のピンチを救うことも多い。自分にはない、特別な使命感を持ったミラにあこがれの念を抱き、力になりたいと思うようになる。


ミラ=マクスウェル(いのまたさんデザイン)
「決断に必要なのは状況や時間ではない。お前の意志だ」
CV:沢城みゆき 性別:女性 年齢:20歳 身長:168cm
武器:剣 戦闘タイプ:術剣士
 本作の主人公。地水火風を司る四大精霊を従え、自らを精霊の主マクスウェルだと名乗る謎の女性。性格は冷静沈着。世界を律する精霊マクスウェルとしての責任感が思考の基準となっており、使命を果たすための行動には一切の迷いがない。同時に、なすべきことを成そうとしない存在を嫌悪する。
 精霊としてかなりの英知を持っているものの、人間的な生活能力は皆無。人間やその文化に対する好奇心が旺盛で、ひとたび興味をもつと徹底的に知りたがる。使命に臨む場面以外では、かなり天然かつ素直。ジュードと出会い、ともに旅をするうちに、少しずつ人間の感情を理解するようになる。


アルヴィン(藤島さんデザイン)
「あれま、俺に助けられて、すっかり俺のトリコになったか」
CV:杉田智和 性別:男性 年齢:26歳 身長:182cm
武器:両刃大剣+銃 戦闘タイプ:銃剣士
 自称「フリーの傭兵」。
 リーゼ・マクシア各所を渡り歩いてきたと言うだけあり、その腕は確か。誰に対しても気さくでフランクに接し、常に大人らしく余裕ある態度を見せる。勝手気ままに行動しているように見えて、実はかなり計算尽くなところがある。他人の気持ちを敏感に感じとり、相手が望んでいる言葉や行動を選んで返すのが得意。その一方で、自分自身のことは多く語らず、親しげな態度の裏に、本心をうまく隠してしまう。お金で動くと言いながら、ジュードたちに同行するのには、何か目的があるようだが……。


レイア・ロランド(いのまたさんデザイン)
「だって、こう燃えてくるものがあるじゃない!」
CV:早見沙織 性別:女性 年齢:15歳 身長158cm
武器:棍 戦闘タイプ:棍術使い
 ジュードの幼馴染で、明るく元気、感情表現豊かでさっぱりした性格。家族で営む宿屋の看板娘を務めつつ、ジュードの実家の治療院で、看護師見習いをしている。
 相手を思いやる優しい心の持ち主だが、そのために気を使いすぎて、悩みを抱え込んでしまうことも。格闘技やスポーツなどの勝負事に目がなく、すぐに盛り上がって熱くなるが、勝ち負けの結果よりも、全力を尽くして努力することが大事だと考えている。失敗して凹んだりしながらも、いつも一生懸命さを失わない頑張り屋さんである。


エリーゼ・ルタス(藤島さんデザイン)
「……わたし……あの……だいじょうぶ……です」
CV:堀中優希 性別:女 年齢:12歳 身長:145cm
武器:ティポ 戦闘タイプ:精霊術師
 12歳という年齢には不相応なほど、高度な精霊術を使いこなす少女。 いつも「ティポ」という、しゃべって動く不思議なぬいぐるみを抱えている。
 特殊な環境で育ったため、対人経験が極端に少なく、会話の距離感をはかるのが苦手。初対面は特にもじもじしてしまうが、それは人慣れしていないだけで、決して人嫌いではない。
 友達という存在に強い憧れを持っている。そのため、初めて友達だと言ってくれ、広い世界に連れ出してくれたジュードたちに信頼を寄せ、なんとか役に立とうと頑張る。

ティポ
CV:池澤春奈
 人の言葉をしゃべるぬいぐるみ。会話が苦手なエリーゼをフォローする。戦闘ではエリーゼの武器として敵に体当たりしたり噛みついたりする。


ローエン・J・イルベルト(いのまたさんデザイン)
「フフフ 確かにジジイの時間はとても貴重 立ち止まってはもったいないですね」
CV:麦人(ゼクスじいちゃん) 性別:男 年齢:62歳 身長:175cm
武器:サーベル 戦闘タイプ:精霊術師
 ラ・シュガルの高級貴族に使えている執事。普段は柔和な表情をしているが、眼光時々鋭くなり、積年の迫力を感じさせる。
 幅広い知識と卓越した状況判断力、そして分析力を持ち、一手先を読むことに長けたブレイン的存在。





バトルシステム
 今回のバトルシステムはDR-LMBS(ダブルレイドリニアモーションバトルシステム)。テイルズオブシリーズの戦闘の良い部分を引き継ぎつつ、2人のキャラクターが協力して戦う新たな要素を加えたものとなっている。尚、エクシリアでは従来の技を武身技、術を精霊術と呼ぶ。


ACとTP
 DR-RMBSでは、ACとTPの2つの値を消費することで攻撃を行う。ACが続く限り、自由に通常攻撃、術、技を繋げることができ、術技を使用した場合はTPを消費する。またマップ移動中は、TPを消費して回復系の術などを使用することができる。
 AC(アサルトカウンタ):攻撃をする際にのみ消費される値で、通常攻撃や術技など、どんな攻撃でも1消費され、移動や防御行動ではACは消費されない。攻撃後、自動で回復する。要はリメイク版デスティニーやグレイセスに登場したCC、ハーツに登場したEGを、単純な連携数に簡略化したもの。背後からのクリティカルヒットや特定のスキル・装飾品の効果で最大値が上昇する。
TP(テクニカルポイント):従来通り術や技を使用したときに消費される値で、術技によって消費量は異なる。アイテムや戦闘中のいろいろな行動で回復できるのも従来のシリーズと同様。


リンクモード
 本作で導入された新システム。プレイヤーがパーティ内の好きなキャラクターと「リンク」することで2人のキャラクターをペアにして戦えるというもの。リンクモードに入ると、プレイヤーが操作するキャラクター(マスター)とペアのキャラクター(スレーヴ)が光でつながった状態になり、マスターの動きに合わせてパートナーが行動を起こすようになる。具体的には、同じ敵を挟み撃ちにする、マスターの背後を狙う敵を攻撃する、連続攻撃を受けているマスターをかばうといった感じ。また、スレーヴによって固有のサポート能力が働くこともある。

キャラ毎のパートナー時のサポート能力
ジュード:レストア
 マスターがダウンしたとき、素早く近寄ってHPを回復してくれる。戦闘不能を回復させてくれることも。

ミラ:バインド
 2人で挟み込んで攻撃しているとき、一定時間敵を拘束することがある。気絶状態の敵には必ず発動。

アルヴィン:ブレイカー
 敵のガード状態をブレイクし、更に敵が気絶しやすくなる。

レイア:アイテムスティール
 敵をダウンさせた際に、その敵に近寄り一定確率でアイテムを盗んでくれる。

エリーゼ:ティポドレイン
 敵を浮かせた状態にすると、一定確率で敵のHPとTPをティポが吸収し、マスターに還元してくれる。

ローエン:オートマジックガード
 敵がマスターに対して精霊術で攻撃した際、自動的にマジックガードを発動。このときマスターは自由に動くことができる。

 他にも戦闘中これらのサポート能力と同じアイコンで、リンクサポート「かばう」、後方カバー、詠唱フォロー、気絶解除などがある。


共鳴術技(リンクアーツ)
 リンクモード中に攻撃をすると増える画面左のゲージ(5段階)が一定量溜まった状態で特定の術技を使うと、一定時間「共鳴術技アイコン」が表示され、この時にR2ボタンを押すことでリンクしたキャラが自動的に術技を繰り出して共鳴術技(リンクアーツ)が発動する。
 ようはより使いやすくなったエターニアの協力技・シンフォニアの複合特技・ハーツの合技といったところか。 なお、共鳴術技を繰り出してもゲージは減らず、次の段階に向けて溜まり始める。共鳴術技を発動しないとゲージは点滅したままで,それより上の段階には進まない。
 どうやら技の組み合わせで決まっているようで、同じ技でキャラの組み合わせを変えても発動することがある。ただし例外あり。
 また、発動条件となる術技を該当するキャラが覚えるとリストに自動的に反映される。


オーバーリミッツ・共鳴術技チェイン
 共鳴術技を使用することで画面左のゲージが、最大まで溜まった状態で共鳴術技を使用すると、オーバーリミッツ状態に移行する。オーバーリミッツ中は、仰け反り無効となり、ACを消費せずに術技を自由に連携できるようになる。
 また、共鳴術技を使用した際に「Chain Chance!」と表示され、タイミングよく始動技のコマンドを入力することで共鳴術技を連続して発動することができる。ただし、連携中同じ共鳴術技は二度使用できない。オーバーリミッツ中もパートナーの切り替え、リンクモードの解除ができるので、リンクパートナーを切り替えながら連携することも可能(一応一人でもオーバーリミッツは発動可能?)。


秘奥義
 オーバーリミッツ中、奥義に分類される術技で攻撃中に○ボタンを押しっぱなしにすると発動。


キャラクター特性
 通常時、リンクモード中に関わらず、常時キャラクターが発揮できる固有の能力。
ジュード:集中回避
 ジュードは、その集中力と機敏さを生かし、敵の攻撃をバックステップで回避した際、瞬間的に敵の背後に回りこめる。回りこんだ後は、一定時間だけ敵が無防備な状態となり、自由に攻撃を叩き込むことが可能。また、成長するとこの状態をしばらく継続させることもでき、何度でも背後を取ることができるようになる。

ミラ:魔技
 ミラは、各属性の精霊術の発動方法を使い分けることが可能。術ボタンを短く押すと、詠唱なしで「魔技」と呼ばれる技を発動できる。長く押した時は、普通に詠唱を行っての術発動となる。状況に応じて発動方法を使い分けることができる。

アルヴィン:チャージ
 アルヴィンは、右手の大剣と左手の銃を合体させることで「チャージ技」を使うことができる。技を発動した後にボタンを押しっぱなしにすると、武器を合体させ、チャージ状態へ変化。この状態で技を出すと、通常とは異なるチャージ技になる。チャージ1回につき、チャージ技は1回しか発動することができないが、成長することで拡張もさせられる。なおアルヴィンの技は、すべてチャージ技が用意されている。

レイア:活伸棍術
 レイアは、敵の攻撃をバックステップで回避した際、手にした棍が一定時間長くなり、攻撃のリーチを広げて戦うことができる。また、レイアが成長すると、棍を長くする持続時間をさらに延ばすことが可能になる。

エリーゼ:スイッチングティポ
 エリーゼは、ティポを背中にくっつけた状態(ティポオン)と、付近に浮遊させた状態(ティポオフ)を切り換えることで、戦闘スタイルそのものを変えられる。ティポオンの時は精霊術の威力が高まるほか、杖で術の弾を飛ばすことができる。ティポオフでは技の威力が高まり、ティポが近接攻撃を行う。

ローエン:術後調律
 ローエンは、自らが発動させた精霊術に対して様々な追加操作を行うことができ、術発動後の追撃などを行うことができる。


術技
ジュード
武身技
・魔神拳
・三散華
・連牙弾
・鋭招来
・獅子戦吼
・臥龍空破
・烈風拳
・飛天翔駆
・飛燕連脚
・無影掌
・転泡
・叛陽陣
・鳳墜拳
・烈破掌
・輪舞旋風
・掌底破
・巻空旋
・治癒功
・快気功
・臥狼咆虎
秘奥義
・殺劇舞荒拳

ミラ
武身技
・ラウンドエッジ
・コンディムネイション
・ルナティックスティング
・イフリート
・ディストールノヴァ
・カタラクトレイ
・アサルトダンス
・ネガティブホルダー(術の可能性あり)
・ノーム
・シルフ
・ウンディーネ
精霊術(カッコ内は対応する魔技)
・ファイアボール(→フレアボム)
・スプラッシュ(→アクアプロテクション)
・ウィンドランス(→ウィンドカッター)
・ロックトライ(→グレイブ)
・バニッシュボルト(分かりにくいが詠唱時間がなさそうなので魔技?)
・サンダーブレード
・アリーヴェデルチ(→ウィンドカッター追撃付き?)
・バーンスプレッド(→フレアボム弾数増加?)
・ライトニング(魔技)
・パーティクル・ロンド(魔技)
・グレアケイジ
秘奥義
・スプリームエレメンツ

アルヴィン
武身技(カッコ内は対応するチャージ技。技名から予想しているものもあり)
・魔神剣(→剛・魔神剣)
・虎牙破斬(→虎牙連斬)
・地竜閃(→地竜閃覇)
・レインバレット
・魔神閃光断(→魔銃閃光断)
・ヴァリアブルトリガー(→ヴァリアブルフラッシュ)
・瞬迅剣(→瞬迅剣・砲牙)
・シェル・ヴァンガード(チャージ技)
・閃空裂破
・チェイスバレット(→チェイスキャノン)
・タイドバレット(→タイドスパーク)
・真月掃閃
・エアリアルバレット(→エアリアルレイザー)
・守護法陣(→守護砲追陣)
・爪竜連牙斬(→砲竜連牙斬。爪竜連牙斬は未確認だがチャージ技の名前から元技がそうである確率は高い)
・ワイドショット

レイア
武身技
・兎迅衝
・三散華
・大輪月華
・昇掃撃
・巻空旋
・飛燕翔旋
・翔舞煌爆破
・瞬迅爪
・散沙雨
精霊術
・シャープネス
・ファーストエイド
・ファンシーエレメンツ

エリーゼ
武身技
・ティポサライブ
・ティポ戦吼
・ピコハン
・ティポバキューム
・ティポプレッシャー
・ティポライジング
・ティポグライダー
精霊術
・ピクシーサークル
・ブラックガイド
・ネガティブゲイト
・リカバー
・ナース

ローエン
武身技
・マーシーワルツ
・セヴァードフェイト
・ナイフリベンジ(武身技のアイコンが表示されないのでスキルとかかも)
・アンビュスマーチ
精霊術(カッコ内は術後調律の効果)
・ファイアボール(弾数増加)
・ウィンドランス
・スプラッシュ(左スティックで水流操作)
・ロックトライ(トドメの石柱で追い打ち)
・アブソリュート・コア
・ソリッドコントラクション
・ブルースフィア
・クラッグワルツ(左スティックで岩を転がす)
・フリーズランサー
・ディフュージョナルドライヴ(左スティックで範囲操作)
・ディバインストリーク(左スティックで向き調整)


共鳴術技(技の組み合わせはもしかしたら間違っているのもあるかも)
・絶風刃:魔神拳(ジュード)×ウィンドランス(ミラ)

・滅爪乱牙:連牙弾(ジュード)×アサルトダンス(ミラ)

・カタラクトブレード:鳳墜拳(ジュード)×?(ミラ)

・エアリアルファイア:巻空旋(ジュード、レイア)×ファイアボール(ミラ、ローエン)

・スパイリット・メディク:治癒功(ジュード)×ラウンドエッジ(ミラ)

・イノセントゲート:叛陽陣(ジュード)×ネガティブホルダー(ミラ)

・スプラッシュライン:魔神拳(ジュード)×スプラッシュ(ローエン)

・スカーレットファング:?(ジュード)×フレアボム?(ミラ)

・玄武散:三散華(ジュード)×ロックトライ(ミラ、ローエン)

・双砕迅:?(ジュード)×?(ミラ)

・魔神連牙斬:魔神拳(ジュード)×魔神剣(アルヴィン)

・飛天翔星駆:飛天翔駆(ジュード)×エアリアルバレット(アルヴィン)

・リフレクトボミング:飛燕連脚(ジュード)×?(アルヴィン)

・巻空鏡舞:巻空旋(ジュード)×巻空旋(レイア)

・ヴァイトルインフォース:鋭招来(ジュード)×シャープネス(レイア)

・エイドオール:治癒功(ジュード)×ファーストエイド(レイア)orピクシーサークル(エリーゼ)

・ジャイアントティポドロップ:烈破掌(ジュード)×?(エリーゼ)

・海龍拳:臥龍空破(ジュード)×?(ローエン)

・紅蓮剣:ファイアボール(ミラ、ローエン)×虎牙破斬(アルヴィン)

・クェイクレイダー:ロックトライ(ミラ、ローエン)×地竜閃(アルヴィン)

・龍虎滅牙斬:ディストールノヴァ(ミラ)×閃空裂破(アルヴィン)

・エレメント4:アサルトダンス(ミラ)×ファンシーエレメンツ(レイア)

・フレアトーネード:バーンスプレッド(ミラ)×昇掃撃(レイア)

・水月烈破:スプラッシュ(ミラ、ローエン)×兎迅衝(レイア)

・瞬迅風牙:ウィンドランス(ミラ、ローエン)×瞬迅爪(レイア)

・ピコレイン:ウィンドランス(ミラ)×ピコハン(エリーゼ)

・マジカルティポ:ルナティックスティング(ミラ)×ティポサライブ(エリーゼ)

・フェアリーサークル:?(ミラ)×?(エリーゼ)

・フェイタルボム:ファイアボール(ミラ)×セヴァードフェイト(ローエン)

・エアスラスト:ウィンドランス(ミラ)×ウィンドランス(ローエン)

・ロックヘキサ:ロックトライ(ミラ)×ロックトライ(ローエン)

・レイジングミスト:?(ミラ)×?(ローエン)

・衝破十文字:瞬迅剣(アルヴィン)×瞬迅爪(レイア)

・ピコ破斬:虎牙破斬(アルヴィン)×ピコハン(エリーゼ)

・ティポBUSTER:ヴァリアブルトリガー(アルヴィン)×ティポサライブ(エリーゼ)

・ライオットグライダー:昇掃撃(レイア)×ティポグライダー(エリーゼ)

・ピコピコワルツ:ピコハン(エリーゼ)×マーシーワルツ(ローエン)


成長システム
 今回登場するエクシリア独自の成長システム「リリアルオーブ」。リリアルオーブは、持ち主の潜在能力を覚醒させる特殊なアイテム。パーティメンバーはそれぞれ専用のリリアルオーブを持っており、これを育てることでプレイヤーの好きなように術技の習得やステータスの強化を行うことができる。
 リリアルオーブは6方向に蜘蛛の巣状に広がる盤のようになっており、戦闘で得られるGP(グロウアップポイント)を使って成長させる。GPを消費して6方向に広がるノード(点)を開放していき、ノードに囲まれた台形のエリアに封印された術技やスキルを開放していくという仕組み。
 なお、初期状態のリリアルオーブは4重になっているが、一番外側のエリアを3つ以上開放すると、さらに外側に新しいエリアが現れる(この際3つのエリアの中に必須エリアと呼ばれるエリアを含んでいる必要あり)。
 ちなみに覚えたスキルは決められたSPの中で装備するヴェスペリア方式。おすすめ設定もあり。スキルはパラメータ、アクション、サポートに分類される。
 また、パートナーに伝播するリンクスキルもある。
 なお、6方向に伸びるノードには以下の名称と特徴がある。腕力の方向に優先的に成長させると物理攻撃の強いキャラになるといった感じ?
・腕力:物理攻撃力に大きく、物理防御力に小さく影響。育てると敵をガードブレイクしやすくなる。
・体力:物理防御力に大きく、物理攻撃力に小さく影響。育てるとガードブレイクされにくくなる。
・知性:魔法攻撃力に大きく、魔法防御力に小さく影響。育てると敵に状態変化を与えやすくなる。
・精神:魔法防御力に大きく、魔法攻撃力に小さく影響。育てると状態異常・変化にかかりにくくなる。
・敏捷:バトル中の移動速度に大きく影響。物理攻撃力と物理防御力にも影響。
・器用:クリティカルヒットや敵を気絶させる確率に影響。魔法攻撃力と魔法防御力にも影響。
 ※馬場Pによれば人によってクリア時のキャラのステータスや術技習得状況は大きく変わるらしい。


スキル(リンクスキルと判明しているものには(リ)と記載)
 ヴェスペリアと同様決められたSPの中で選んで装備する。
・エクシード、エクシード2:最大AC1が1増加。
・グロウアップヒール:レベルアップ時にHPとTPが全快する。
・バイタリティ(リ):HPアップ?
・スピリッツ(リ):TPアップ?
・ストレングス(リ):腕力アップ?
・インテリジェンス:知性アップ?
・スタミナ(リ):体力アップ?
・マジックフェイント:魔法での敵気絶率アップ?
・アクアガード:水属性耐性30%アップ。
・ウィンドガード(リ):風属性耐性30%アップ。
・アースガード(リ):地属性耐性30%アップ。
・マジック&アーツ(ミラ専用):術から魔技に連携した場合、魔技ではTPを消費しない。ファイアボール→フレアボムなど。
・ウェルガード:防御時のダメージ軽減増加?
・コンボTPサポート:通常攻撃の連携数に応じて、術・技の消費TPがダウンする。
・HPアゲイン
・TPアゲイン
・オートメディスン:ダメージを受けた際ランダムで治癒術発動?
・ステップロング(リ):ステップ距離増加?
・マジックガード:マジックガード。
・エアリアルジャンプ(リ):ジャンプした後にもう一度ジャンプすることができる。
・スプレンダーアサルト:バックステップで攻撃をかわすと最大AC増加。
・スティールプラス(レイア専用?):アイテムスティールの成功率アップ?
・アジリティ(リ)
・コンボメンタルサプライ:攻撃が9ヒットする毎に、TPが1%回復する。
・アサルトステップ:フロントステップに攻撃判定が発生するようになる。但し、連続ステップした場合、1回目のみ。
・エアリアルアーマー(リ)
・HPゲイン
・TPゲイン:敵撃破時にTPが2%回復する。
・アーツ&マジック
・ディレイリンクアーツ:共鳴術技を発動する際の受付時間が2倍になる。
・リミッター:オーバーリミッツ状態の時間が2秒長くなる。
・ヒールシェアプラス:リンク時のHP回復伝播率が25%アップし。50%になる。
・コンセントレーション(ジュード専用):集中回避発動後5秒間は、ガードが成功するごとに集中回避が発動する。
・スティールメンタルプラス(レイア専用):敵からアイテムを盗んだ際に、TPが5%回復する。
・チャージプラス(アルヴィン専用):チャージの重ねがけができるようになる。
・ウィザード(エリーゼ専用):ティポオン状態の際に、術の威力が1.5倍になる。
・テトラスペル(ローエン専用):初級術を連続使用する際、違う術であれば2発目以降は無詠唱で術を連携できる。
・ダウンバースト(リ)
・イミテイションデス(リ):ダウン中無敵?
・ダッシュ(リ):移動速度アップ?
・コンボボルテージ(リ)
・クイックリカバー(リ)(ジュード専用):ダウン状態でもリカバリングできるようになる。
・TPドレインガード(リ)
・スプレンダークイック(リ)
・イミュニティ
・フラッシュガード:タイミングよくガードするとダメージを90%軽減できる(但し、オートでガードした場合は除く)。


戦闘仕様いろいろ
・戦闘中R3後十字キーでパーティメンバーを入れ替えられるようになった。
 入れ替わるメンバーが戦闘不能だと入れ替えられないとのこと。

・グレイセスのような感じでL1+十字キーでキャラチェン可能。キャラのステータスが十字状に表示されるので体感的でわかりやすい。

・敵シンボルの背後からエンカウントしたら開始時に敵にダメージを与えるアドバンテージエンカウント。

・ターゲットのHPをゲージ表示で見られる。

・術発動時、フリーカーソルで発動位置を調節可能(アビスのあれと同様)

・リンクモードは2組同時に発動できる。先に発動した方が青い線、後から発動した方が緑のラインでつながる。

・フロントステップできる。連続使用するとAC消費。

・バックステップで攻撃の隙をキャンセルすることができる。1回のバックステップならAC消費は0。

・リンクモードは十字キーで発動。前述のとおり十字状にステータスが表示されていて、その位置に対応したキーを押すとそのキャラとリンクできるので見やすく便利。十字キー上でリンク解除。他のキーを押せば一瞬でスレーヴの変更も可能。

・フリーランは従来通りL2+スティックでできる(特にGのようなペナルティはない模様)。

・L3でアピール(挑発)。TPを回復できる。エリーゼのスイッチングティポはこれで切り替えられる。

・セミオート操作中、敵を倒してすぐ連続して攻撃しようとすると次の敵の目の前まで行ってから攻撃する。

・ゲーム中盤でアーツボールが手に入る。
※アーツボールとは
 PS3版ヴェスペリアにて初めて実装された、術技の登録数を2倍にすることができる素敵アイテム。L1ボタンを押しながらスティック+術技ボタンを押すことで追加登録した術技を使用することができる。ショートカットも含め技登録枠は16個になる。

・L1+◯でスキはあるが威力の大きい攻撃を出せる。

・PV4システム編の2:10付近でエリーゼがサイドステップのような挙動をしているので、グレイセスのような対応回避はなくともスキルか何かでサイドステップぐらいはあるかもしれない。あくまであるかもしれないというだけ。

・背後から攻撃するとクリティカルが出やすく、クリティカル時は最大ACが増える。

・逆に、クリティカルを受けると増えた最大ACが減る。この辺はグレイセスと同じ。

・リンク時のマスターとスレーヴのHP回復や状態変化は伝播する。逆に、ステータス異常なども伝播する。

・秘奥義はリリアルオーブで習得。

・操作方法まとめ
スティック:移動
L2+スティック:フリーラン
十字キー:リンクモード発動・切り替え・解除
L1+十字キー:キャラチェンジ
R3後十字キー:メンバーチェンジ
L3:アピール
◯:通常攻撃
×:術技
□:防御
□+前:フロントステップ(連続使用するとAC消費)
□+下:マジックガード
□+後ろ:バックステップ
R1:ターゲット変更・詳細
R2:共鳴術技使用





メニュー
 全体的に見やすく使いやすい印象。上からアイテム、術・技、装備、リリアルオーブ、スキル、作戦、イベントリスト、ライブラリ、システムの順で並んでいる。ステータスはキャラにカーソルを合わせて選択すると見られる。

・アイテムはいつも通りのテイルズ。新規、道具、料理、武器、頭防具、体防具、装飾品、ビジュアル(アタッチメント)、素材、貴重品、DLCの11のカテゴリに分けられている。

・術技画面もだいたいいつも通り。術技のセット枠は4つ、ショートカットも4つ。アーツボールも含め16個。R2ボタンでそのキャラが関わる共鳴術技の一覧を、術技順、相手順で見ることができる。

・装備は武器、頭、体、装飾品の4つ。ヴェスペリアからサブ装備を取っ払った感じ。

・装備画面ではアタッチメントをカテゴリ別?に3つまで装備できる。サイズの変更、装備する位置や色の調節が可能、回転などが可能。画面右側でキャラクターの姿を確認できる。また、好きなアタッチメントの組み合わせをマイセットとして登録しておくこともできる。また、3つのカテゴリ以外にも髪型や衣装を変更するパーソナルという項目がある。
現在判明しているアタッチメント
・サングラス(スタンダード)
・ティアラ
・サングラス(クラシック)
・カウボーイハット的な帽子
・モノクル
・羊(ハーツに出てきたの)の髪飾り
・ジュード「通常」髪型
・ジュード「帽子」髪型:帽子をかぶる時の髪型。大人っぽくなった印象になってます。
・帽子:男女を問わず、帽子はファッションの要。優雅に、かつ自分らしく使いこなそう。
・シルクハット:まさに紳士の必須アイテム。工夫次第で女の子にもぴったり。
・フルフレームメガネ:オーソドックスなメガネ。これ一つで知的なイメージを演出。
・付け鼻メガネ
・ぐるぐるメガネ
・笑いメガネ
・サングラス(スタンダード)
・いぬフェイス(柴)
・天使の輪
・うさみみ(白):無邪気でキュートなホワイトうさぎの耳。上目遣いでおねだりされたら抵抗できない?
・ツインテール
・子ドラゴン
・天使の羽
・うさみみ(黒)
・絆創膏
・いぬみみ(黒)
・聖闘士星矢的なもみあげ
・ティポ

・作戦はターゲット、基本行動、HP消費、TP消費、オートリンク、リンク時の指示、オートアイテムの7項目。オートリンクはCPU時にオートでリンクするかどうかの調節。また、隊列は横4×縦5マスの中でキャラを配置する。体験版では号令は見当たらなかった。なお、オートアイテムでは、戦闘中のアイテム使用に関して優先順位、使用条件、個数制限など細かい設定が可能。

・ステータス画面ではパラメータ、装備、装備、スキル、リンクの4項目を見ることができる。絵は皆さんご存知描き下ろし。

・イベントリストでメインストーリーのあらすじとサブイベントの進行状況を確認できる。

・ライブラリで各種データ、称号を確認できる。称号ごとにグレードが設定されており、今回2週目以降の引継ぎはグレイセスに似たシステムになると思われる。確認できる項目は以下の通り。
 称号リスト:称号一覧と獲得条件。
 バトルブック:チュートリアル。
 モンスター記録:いつも通り。
 アイテム記録:いつも通り。
 チャットリスト:今回はいつでも見たことのあるチャットを見ることができる。
 レコード:いつも通り。

・難易度はイージー、ノーマル、セカンド、ハードの4段階が判明。マニア、アンノウンなのかイヴィル、カオスなのか、はたまたゴッドまであるのかどうかは不明。

・先行入力時間をノーマルかロングかで設定可能。多分ジャンプとかの入力時間。

・料理はアイテムとして購入し、1種類につき1個まで持てる。使用すると戦闘終了時に効果が発揮され、料理ごとに有効な戦闘回数が設定されている。





その他
・マップ・フィールド
 エクシリアでは、フィールド上で従来のシリーズではいけなかったような所へ○ボタンで行くことができるマップアクションが搭載されている(マップアクション)。具体的には、段差を登る、飛び降りる、灌木の茂みや穴蔵の前でしゃがむといった感じ。
 フィールドではカメラを360°自由に回すことができ、ズームイン/アウトもできる。
 □ボタンでナビマップを詳しく見ることができる。取得済みの宝箱などが表示され、アイフリードの秘宝という項目も存在する。
 移動時左上に表示されるミニマップはコンフィグで回転表示するか固定表示するかを選ぶことができる。
 別のエリアの出入り口に接近すると右下にそのエリアの名前が表示される。
 移動中R3でワールドマップ表示。ダンジョン内にいようと一瞬で行ったことのある場所に移動可能。
 話しかけられる人には吹き出しつき。話しかけるとサブイベントの起きる人には緑色の吹き出しがつく。

・今までとは違い3種類のチャットが用意されている。
ロングチャット:従来のチャットやスキットと同じものシンフォニアやヴェスペリアなどと同じウィンドウ式。メッセージスキップが搭載された。MAINやETCのようなカテゴリに分けられている。

ショートチャット:マップを歩いている途中で左下に顔と台詞が出てキャラがしゃべる。知ってる人はFF13のものと同じような感じを想像すると分かりやすそう。

ファイティングチャット:戦闘中、メンバー入れ替え時や特殊な敵との会話時などに画面左上にカットインが入る。ミラさんマジイケメン。

・ショップビルド
 素材にはそれぞれ“成長ポイント”が設定されており、ポイントが溜まるとショップがレベルアップ。既存商品の価格が安くなるほか、特定のレベルに達すると新商品が購入可能になる。ショップは5種類ある。

・ランダムトレジャー
 フィールド上では、中身はランダムだが時間が経つと復活する袋や探索ポイントから素材を入手することができる。アタッチメントを入手できることも。

・イベントスキップ
 イベント中にポーズをかけると、イベントスキップをしたり、タイトル画面に戻ったりできる。

・コラボ衣装
 現時点でスタードライバー、アイドルマスター2、浜崎あゆみとのコラボが決定。コラボではないが学園風衣装などもあり。

・通常のセーブとは別に、どこでもできるクイックセーブがある。移動中スタートボタンを押すとタイトルに戻ったりクイックセーブ実行したりできる。





サブキャラクター、町など
クレイン・K・シャール
CV:保志総一郎 性別:男性 年齢:24歳
 交易の要衝の街、カラハ・シャールを治める青年領主。ローエンの主人。
 ラ・シュガル王の専制体制と対外武力政策に強い不満を持っており、若年ながら中央に抵抗し、カラハ・シャールの自由な気風を守ってきた。人々からは非常に信頼されているが、中央からはその反抗的な態度を問題視されている。
 妹のドロッセルにだけは、少々甘い。

ドロッセル・K・シャール
CV:鎌田梢 性別:女性 年齢:18歳
 クレインの妹。唯一の身内である兄、クレインをとても敬愛している。
 苦労しらずのお嬢様だが、弱い者を守ろうとする兄譲りの高貴な心を持っている。
 エリーゼと意気投合し、妹のように接するようになる

ナハティガル・I・ファン
CV:大塚芳忠 性別:男性 年齢:52歳 身長:192cm
 大国ラ・シュガルの現国王で、世界統一の野望の為に独裁体制を固める。
 第三王子だったが、兄たちの内乱を鎮圧する事で王位に就いた。若い頃は軍籍だった。

イバル
CV:森久保祥太郎 性別:男性 年齢:16歳 身長:165cm
 マクスウェルの巫子。
 子供の頃からミラの世話係を務めてきた。二刀を使う武術が得意。

ガイアス
CV:置鮎龍太郎
「俺は滅びぬ。弱き者を導くこの意志がある限りな」
 ア・ジュールの現王。人間離れした力と、人をひきつける器で北方大陸を統一。強大な連邦国家を成立させた英雄。長刀を武器に戦う。PV第3弾でジュードと激しい戦いを繰り広げていた人。

ナハティガルの部下の前髪パッツンアンマルチア
CV:?
 人体実験とかしててマッドサイエンティストっぽい。

アグリア
「うっせー、ブス! しゃべるんじゃねーよ!」
CV:坂本真綾 性別:女 年齢:15歳 身長:153cm
 当初後姿だけ公開されてた最初の研究所に出てくる人。今回の狂った感じのキャラ担当?(ザギ的な)ネット上では通称ザギロードさんと呼ばれる。
 ガイアスの部下である四象刃(フォーヴ)の一人。”針”を意味する称号を持つ、ガイアスの部下である四象刃(フォーブ)のひとり。強力な精霊術を使いこなす天才児だが、過去に辛い経験をしたことから、その心は世界への憎しみに満ちている。
 いったんキレると制御が利かなくなり、作戦や状況をメチャクチャにしてしまうトラブルメーカーな側面も。

ジャオ
「……やはり戦場でまみえることになった、か。悲しい時代だのお」
CV:大友龍三郎 性別:男 年齢:42歳 身長:250cm
 でかいハンマーの人。
”角”を意味する称号を持つ四象刃のひとり。敵味方の区別なく、誰に対しても屈託なく接する好漢。
 魔物を自在に操る特殊能力を持つ一族の出身で、魔物を家族のように思っている。
 その異能と巨体から、周囲に忌避されてきた過去があり、一匹狼として無頼の日々を過ごしてきたが、あるとき出会ったガイアスに打ち倒され、現在のような人格に改まった。

プレザ
「ボーヤ、そうやって弄ばれて、いつかは捨てられるのよ」
CV:佐藤利奈 性別:女 年齢:22歳 身長:168cm
 しっぽが生えている。
”牙”を意味する称号を持つ四象刃の一人。美しくも妖艶な容姿と仕草、話術で相手を翻弄する。
 諜報員として世界各地で暗躍し、幾人もの貴族や高官を手玉にとっては、成果を上げてきた。
 パーティメンバーのひとりであるアルヴィンとは浅からぬ因縁があるらしく、いまなお彼に愛憎の念を抱いている。

ア・ジュールの黒き片翼 革命のウィンガル
「導く指導者がいなければ民は路頭に迷うだけ、と言っている」
CV:木内秀信 性別:男 年齢:28歳 身長:175cm
 二つ名カッケーな全体的に黒いアホ毛のある人。
 四象刃のリーダー格。”ウィンガル”という名は、”翼”を意味する称号。
 国王ガイアスの片腕となってア・ジュールの行政を仕切り、軍事面でも参謀として全作戦を立案している。
 ふだんは物静かで、知性的な物言いをするが、戦闘時は一変して粗暴な性格になり、セリフに出身部族の言語が混じるようになる。

白い人
 パッケージ絵の左上にいる人。色々謎な人物。本作が原点回帰を意識していることからマーテルだと予想する人も。


・街、村など
夜光の王都 イル・ファン
 りーぜ・マクシア一の大国ラ・シュガルの王都。
 精霊術によって、植物を生きたまま組み上げて作り出した建物が立ち並ぶ大都市。
 「夜域」という偏った霊勢(精霊の力のバランス)の中に位置するため、日光のほとんどが地表に届かないが、最先端の精霊術により発光する樹木が街中に配されており、生活に支障はない。
 医学校を併設した大病院や、精霊術の研究施設が集まる学術研究区などがあり、地方からもたくさんの人々が訪れる。
 町の中央には、一際巨大な発光樹によってつくり上げられた、光り輝く宮殿がそびえ立つ。

鉱山と海亭の街 ル・ロンド
 ラ・シュガルの離島にあるジュードとレイアの故郷。
 王都イル・ファン方面に広がる夜域の境界にあり、街の上には星空と青空が交わる幻想的な光景が広がっている。
 平凡な片田舎だが、家族ぐるみの近所付き合いも多く、あたたかで住み心地の良い街である。
 周囲の山岳地帯では様々な鉱石が発掘され、かつては出稼ぎ鉱員たちの生活の場、発掘された鉱石の搬出港として栄えていたが、近年、精霊活動の変化によって発掘量が減少し、多くの坑道が閉鎖されてしまった。
 そのため最盛期に比べて活気は失われたが、元々の住民たちも、街を気に入って定住した鉱員たちも現状を受け入れ、のどかな日常を楽しんでいる。

果樹園の村 ハ・ミル
 ア・ジュールの山間に位置する小さな開拓の村。
 暁域という、常に朝日に照らされた霊勢にある。
 沿岸航海が主流だった頃には、海亭と内陸を結ぶ街道の宿場として栄えたこともあったが、航海術の進歩によって近郊の海亭が寂れると、街道も間道と化し、村も往年の活気を失った。
 唯一の特産として、霊勢と地形を生かした果樹の栽培が行われており、収穫期には村全体が甘い香りに包まれる。
 果樹酒の醸造も行っており、特にラ・シュガル王都の発光樹と同種の精霊術でつくった発光果実のワインは、知る人ぞ知る逸品である。

出会いと別れの街 カラハ・シャール
 ラ・シュガルの交易の中心地として発達してきた、歴史ある都市。
 領主である高級貴族シャール家の統治の下、リーゼ・マクシア一の交易都市として栄えている。
 南方の温暖な気候の下、王都イル・ファンとはまた違った植物を利用した建築物が立ち並ぶ。
街の名物である巨大な風車は、街中に仕掛けられた精霊術が生み出す風を動力に変換するためのものである。
 たくさんの人々が行き交う旅の拠点であることから、「出会いと別れの街」という名で呼ばれることもある。
 商業の街という特色からか、住民たちには自由を重んじる気風をもち、代々の領主も、その代表者として自治権を守ってきた。
 現在のシャール家当主も、ラ・シュガル王が進める独裁政権にも強く反発しており、そのために中央から危険視され始めている。

マクスウェルを祀る里 ニ・アケリア
 リーゼ・マクシアで一般的な精霊信仰の中で、特に精霊マクスウェルを重視する小教団が、自分たちが霊山と崇める山の麓につくった集落。
 長い間、ひっそりと信者たちによる精霊力と自然再生の循環が繰り返されてきた。
 その結果、村の周辺は精霊と自然の調和がとれた、リーゼ・マクシアでも有数の安定した霊勢をもつ空間となっている。
 村人たちの信仰は純粋かつ素朴なもので、マクスウェルであるミラを真摯に敬ってはいるが、彼女の力を信仰以外に利用することはない。
 存在自体があまり知られていないため、外部から訪れる者も少なく、住人たちは、ほぼ自給自足の質素な生活を送っている。
 村の奥から霊山へ続く参道を抜けると、マクスウェル(ミラ)を祀る社(やしろ)がある。

ミラの社
 ミラが祀られている山中の社。
 ニ・アケリアから続く参道の先にあり、社の背後には村人たちが崇める霊山がそびえている。
 社周辺には数多くの精霊が集まる特殊な場所で、静かで清浄な空気に満ちている。
 御神体はミラ自身であり、ミラは人間界に現出して以来、大半の時間をこの社の中で瞑想して過ごしている。
 社の中には祭壇があるのみで、ベッドどころか何一つ生活道具は見当たらない。
 しかし精霊であるミラには、食事も睡眠も必要ないため、それで全く不自由はないのである。

王都カン・バルク
 ア・ジュールの首都。


・序盤のあらすじ(前述のあらすじの続き)
 軍の研究所への侵入を試み、ジュードと出会ったミラ。精霊を名乗る彼女に対し、ジュードは戸惑いを見せる。そんなジュードを気にもせず、自らの目的のために動き始めるミラだったが、成り行き上、2人は研究所内で行動をともにすることになる。
 ジュードは教授の姿を、ミラは精霊消滅の原因を求めて探索するものの、研究所内部は異様な雰囲気に包まれていた。得体の知れない実験装置、突如襲い掛かる謎の少女、そして、厳重に閉ざされた1枚の扉。2人は扉の奥で、予想だにしない形で探していたものにたどり着く。
 それは、密かに計画が進められていた軍の最重要機密だった。秘密を知ってしまったジュードとミラは、ラ・シュガル軍から重罪人として追われる立場となってしまう。しかしそれは、これから2人を待ち受ける数多の試練の、ほんの始まりに過ぎなかった……。




スポンサーサイト
Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
テイルズオブエクシリア DLCまとめ
NEW Topics
一通り
げったったーその2
げったったー
体験版引退
ベルセリア体験版プレイ雑感
Comment
11
No title
情報まとめお疲れ様です。
大変参考になりました。

12
No title
>Wituo157さん
コメントどもですー!
引き続き情報収集は続けるのでまたどうぞ~

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ツルギ

Author:ツルギ
おもにRPGのプレイ経過とか何とかをまったりと。最近はテイルズ少なめ。リンクは自由ですが貼って下さったら教えてやると喜びます。

なう ぷれいんぐ
・FFXIV
・艦これ
・ポケモンGO
・テイルズオブベルセリア
・蒼き雷霆ガンヴォルト爪
・GRAVITY DAZE

FFXIV
Name:Turugi Tormarine
World:Alexander
 エオルゼアを気ままに旅するナイトメインの冒険者。最近はアニマウェポンの作成中。
ついったー
月別アーカイブ

FC2カウンター
QRコード
QR

Page Top
CALENDAR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。