HOME   »  2012年01月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 イノセンスRにリメイクされるに当たり、新技が多かったのはもちろんだが、オリジナル版からリストラされた技も多かったように感じたのでまとめてみる。

 続きからどうぞ。



スポンサーサイト
 一応地名や敵名のネタバレがあるので続きからどうぞ。

 1月28日更新。

 そこそこ寄り道とかもして30時間ぐらいでクリアしますた。現在はトライバースゲートに潜ってますが敵が結構強い強い。属性耐性強化しとかないと味方が次々死んでいく\(^o^)/ 3フロア目は敵が全て火耐性を持っているのでルカ涙目ですね。

 以下ストーリーの核心に関わるネタバレにつき反転で表示。最後の方のストーリーのまとめ。


・今作ではオリジナル版でただの迷路だったダンジョンというダンジョンが立派な普通のダンジョンにリメイクされているが、ラストダンジョンである黎明の塔も例にもれず仕掛け満載に。因みにオリジナル版ではただの螺旋階段だった。

・コンウェイの目的である二つの魂の救済とは、「魔槍の刺客」と「不遇の花姫」、つまりハスタ(ゲイボルグ)とチトセ(サクヤ)の魂を転生の輪廻から解放することだった。

・キュキュはよく分からん。

・ラスボス戦は3連戦になった。オリジナル版のマティウスと戦ってからあと2回変身を残している。この意味が分かるな?

・ラスボス最終戦のBGMは粋な演出。ただループでずっと聞いているとなんとなくシュール。

・何度も言うように今回は良くも悪くもいつものちょっと面白いけれどちょっと詰めの甘いテイルズ。

・天空城崩壊後、パーティが集合してから通常戦闘BGMが変わるかと思ったがそんなことはなくてげんなり。

・闘技場ゲスト戦で各ゲストの出演作のBGMが流れなくてげんなり。

・ハスタの「ザ・グッバイ」がカットされていてげんなり。

・チトセが自害じゃなくなっていた。

・マティウスの魂はルカと一つに。

・シアンは相変わらず無視される。


 現在天空城が終わったところまで来ました。どうやらラスダンに行く前にもう一つダンジョンがありそう。今回のラスダンはただの螺旋階段じゃないんでしょうね!

 しかし今作は発売前期待していない人が多かったみたいですが、面白いですよこれ。エクシリアの戦闘で不満だった反撃の仕様が改善されていたり、いい感じにダンジョンが追加されていたり、そのダンジョンはただの迷路ではなくなっていたり、アニメーションが追加されていたりetc……何度も言っていますが良くも悪くもいつものテイルズという感じで、安心して楽しめています。新キャラ二人もわりかし溶け込んでいますし。15周年記念作品とはなんだったのか。

 そういえばテンペストとハーツのリ・イマジネーションフラグも立っているようで、今年のテイルズはDS3部作で熱くなるかもですね! 新作? え、なんのこと?

 以下、結構重要なシナリオネタバレ有りなので反転してどうぞ。



・オリジナル版のアルベールはアンジュを犠牲に創世力を使おうとしたゲスい奴だったがRでは自分が犠牲になろうとしているただのいい奴。でもドM。

・マティウスの顔がオリジナル版では完全にイナンナだったが、Rでは半分イナンナ、前髪に隠れた半分がアスラという感じに。髪もアスラの白髪(銀髪?)が混じっている。粋な演出である。

・天空城崩壊後、ルカとアスラの会話でアスラが「おっぱい」とか言う。ちょけまくる。

・ミュース族の里にてアップルグミとオレンジグミを全部食べられるという事案が発生。

・転生したバルカンが出てくる。

・ミュース族の里にてソーサラーリングがパワーアップするんだな 正味の話。

・リカルドのパンツぐっしょりやハスタの窓辺のマーガレットなど、面白いネタはそのまま残ってる。

・本編内にそこそこ衣装が入ってるよ! やったねジュード君!

・リカルドのファーストネーム呼びは思いの外違和感が大きい。

・ケルム火山以降の大ボス戦?のBGMかっけぇ。


テノスまでで思ったこととか色々と。

・中盤以降アビリティがそろってくると面白くなってくるが、SPの量的にいろいろ装備するのはなかなかキツイ。もう少しSP多くてもいいかも。

・敵の鋼体がキツめなのは相変わらず。中盤以降はルカのアビリティ「デストロイ(鋼体を2倍減らす)」があっても少々ツライ。

・アビリティ「インフィニティ(OVL中TP消費なし)」と「リミットブレイク(OVL中連携制限なし)」があればオーバーリミッツして無双できる。「リピート(同技連続使用可能)」もあると延々裂空斬で回り続けたりも。

・「スピードスペル」など定番のアビリティもあり。

・キャンセラー関連は「ルートブレイク(特技→秘技→奥義の順番が自由になる)」にまとめられている。連携中の特技などの使用可能回数は「トクギプラス」などで増やせる。

・リカルドやキュキュが覚える通常攻撃時に確率で敵を毒や麻痺状態にするアビリティが地味に便利。

・オリジナル版では連携中敵が光り始めてから連携を切らすと怒り状態になるという謎仕様(連携を切らさなきゃ問題なし)だったが、今回は攻撃してると突如赤く光って反撃してくるエクシリアに近い仕様。
 エクシリアはすぐ反撃してきて散々だったが、はイノセンスRではエクシリアほど即反撃してこないし、敵の反撃の直前に□ボタンを押すとガードカウンターで反撃後、ヒット数を維持したまま攻撃を続けられるようになっていて好バランス。

・フリーラン攻撃を当てるとその敵にターゲッティングされ、さらに通常攻撃につなげることができるので使い勝手がいい。軸補正も優秀。

・まだレベル40なので確定ではないが、ルカの剛魔神剣やスパーダの魔神剣など、そこそこリストラされている技があるかもしれない。というよりシリーズ通してレベル40になっても魔神剣を覚えないとは考えにくいので
スパーダの魔神剣リストラは濃厚。代わりに新技いっぱい。

・オリジナル版では特技だった技が秘技に変更されていることも。

・コンウェイの術ラーニングは、意識して集めていないと結構抜けが出るかも。

・術技の使用回数が増えると消費TPが軽減されるのはオリジナル版と同じ。

・個人的には難易度ハードで手ごたえがあってちょうどいいぐらい。

・秘奥義の台詞にバリエーション確認。エルのメッチャすごいパンチ。

・セリフは細かいところではかなり変わっていたりするが、基本的にオリジナル版準拠。

・リカルドがパーティメンバーをファーストネームで呼ぶ。

・ハスタキックは健在。

・ケルム火山終了後、ボス戦も含め戦闘BGMが変化。他に、異界関係の場所では専用のBGMに。

・オリジナル版ではフィールドとして通り過ぎるだけだった随所にダンジョンが追加されている。エッグベアのようなファンにはお馴染みのボスも。

・OPでのアスラVSヒュプノスはムービーのみで戦闘なしに。



プロフィール

ツルギ

Author:ツルギ
おもにRPGのプレイ経過とか何とかをまったりと。最近はテイルズ少なめ。リンクは自由ですが貼って下さったら教えてやると喜びます。

なう ぷれいんぐ
・FFXIV
・艦これ
・ポケモンGO
・テイルズオブベルセリア
・蒼き雷霆ガンヴォルト爪
・GRAVITY DAZE

FFXIV
Name:Turugi Tormarine
World:Alexander
 エオルゼアを気ままに旅するナイトメインの冒険者。最近はアニマウェポンの作成中。
ついったー
月別アーカイブ

FC2カウンター
QRコード
QR

Page Top
CALENDAR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。